ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アウトドアで大活躍!ソーラー発電&スマホ充電もできるクーラーボックス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

都会の喧騒を離れ、山奥で数日のんびりと過ごしたい、とあなたが思ったとしよう。森林浴を楽しみ、鳥のさえずりに耳をすませ…。

しかし、すぐに頭に浮かぶのは食糧の心配かもしれない。それから、スマートフォンを片時も離せない人にとっては電源の確保も必須だ。

そんな問題を解決してくれるのが、このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場したクーラーボックス「Nipi」。飲食物を冷蔵・冷凍保存できるうえ、付属のソーラーパネルで発電してスマートフォンなどのガジェット類を充電できる。

・冷凍物は6日間保存

まず、クーラーボックスとしての機能だが、二重断熱構造になっていて、冷凍物なら6日間保存できるというスグレモノ。

容量は47リットル。缶にして70缶が入るスペースだ。なので、数日分なら食糧や飲み物類が難なく収まりそうだ。

・USBポートは4箇所

また、Nipiには1万4000ミリアンペアのバッテリーが内蔵されていて、スマホなどが充電できるUSBポートが4箇所備わっている。

ちなみに、USBポート2つは端末を雨から守りたいときのためにボックス内(冷蔵部分とは別ポケット)にある。

開発元によると、1万4000ミリアンペアだとスマホを7回、タブレットなら4回フル充電できるとのこと。

・ソーラー発電で電気補充!

そして、それ以上の電気を必要とする場合でも心配は無用。付属のソーラーパネル(12ワット)で発電できるようになっている。

また、NipiにはLEDライトも付いているので、夜に明かりをとるときにも活躍し、これ1つでアウトドアアクティビティがかなり快適なものになりそう。

気になるお値段は、クーラーボックス、バッテリー、ソーラーパネルがセットになって今なら195ドル。

バッテリーを49ドル、ソーラーパネルを55ドルでそれぞれ追加することもできる。

プレオーダー締め切りは9月9日。

発送は来年3月の予定なので、順調に商品化されれば来年の夏には活用できそうだ。

Kickstarter(Nipi)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP