ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

30,000台のOnePlus 2が中国で64秒で完売。招待システムに待機順を大幅に繰り上げる脆弱性が発見される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー OnePlus の新型スマートフォン「OnePlus 2」が中国で発売され、初回の販売分で用意された 30,000 台がわずか 64 秒で完売したそうです。OnePlus 2 のグローバル向けの発売日は 8 月 11 日で、今回完売した中国モデルも同日に第二弾の販売が行われる予定です。OnePlus 2 の発売に関連して面白い出来事が起きました。それは、学生ハッカーの Jake Cooper 氏が OnePlus 2 購入のための招待の待機順を意図的に繰り上げることに成功したということです。OnePlus 2 を購入するには同社から招待が必要なのですが、招待登録数は既に 100 万件を突破しており、後のほうに登録した方は実際に購入できるまでにかなり待つことになります。Cooper 氏はそれをわずか数行の Python スクリプトで数万単位で繰り上げることに成功しました。その手法は Medium で解説されているのですが、OnePlus は公式フォーラム上で招待システムの脆弱性を突いたハック手法を防ぐ対策を施し、さらに、このような不正行為を行った方にはペナルティを与えると忠告しています。そのため、Cooper 氏も当然ペナルティの対象になると見られるのですが、OnePlus は彼をホワイトハッカーと見なして、彼の待機順を早めるという粋な計らいを行いました。Source : WeiboOnePlus


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia M5に0.25秒でフォーカスが当たるHybrid Autofocus機能を導入
デジオン、ネット情報 / 動画 / 録画番組をチャンネルで閲覧・視聴できるAndroidアプリ「DiXiMチャンネル」をリリース
英Cloveがモバイルアクセサリーの在庫一掃セールを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP