体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

911でソーシャルメディアが生まれ 311で死んだ

[の] のまのしわざ

今回は野間 恒毅さんのブログ『[の] のまのしわざ』からご寄稿いただきました。ご意見は記事下のコメント欄へお願いします。どうか建設的な議論をお願いします。

2001年9月11日、同時多発テロ発生。
ニューヨーク・ワールドトレードセンター(WTC)にハイジャックされた2機の旅客機が激突し倒壊。ワシントン、ペンタゴンにも同様に旅客機が墜落し、大きな被害を受けました。
この時私はニューヨーク、マンハッタンにいました。

マンハッタン

空港は即座に封鎖、マンハッタンへ出入りできる橋、船すべて閉鎖されました。つまりマンハッタンは孤島となったのです。

この時情報は錯綜(さくそう)しました。一体WTCで何がおきているのか。マンハッタンで何がおきているのか。現地メディアのNY駐在員はともかく、海外メディアは“空港封鎖”“マンハッタンへの出入り禁止”により取材ができませんでした。

事件発生から数日後、ようやくマンハッタンに入れた日本のマスメディアが行った行動はこうでした。
*   *   *   *   *   *
自身マスコミからのインタビューを受けるのは二度目。最初はあの911、ニューヨークのテロのときのこと。そのときに受けた印象と今回の印象はまったく同じで、一言でいうとマスコミはコンテキストにのせるためのコンテンツを探す、というもの。別の言葉でいうと、シナリオがすでにあって、それに合う俳優を求めている。

911の場合の質問はこんな感じ。
「どれくらい混乱しましたか?」
「水、食料とか枯渇しませんでしたか?」
「治安は悪くなりませんでしたか?」

答えはすべてノー。混乱したのはWTC近辺の人たちだけで、他の人にはほとんど影響なし。お店も普通にやっているし、地下鉄だって当日を含めて動いていたし。問題なのはマンハッタンからの出入りができなくなってしまったくらい。生活上は余り困ることはなかった、例えば食事など。お店が売り切れにもならないし、ちょっと不自由で、やることなくなって暇で友人と公園をプラプラしていたら報道陣に捕まったという経緯です。

このとき感じたのは、マスコミが求めているのは
・パニックになっているNY
・水・食料がなくなって不自由を強いられるニューヨーカー
という証言だということ。まるでオイルショックの時にトイレットペーパーに殺到して品不足になるような、極端な行動がニュースになるように。そんなのはnewsでもなんでもないのですが。
*   *   *   *   *   *
石原慎太郎とブロガーが議論(4) 『[の] のまのしわざ)』より
http://nomano.shiwaza.com/tnoma/blog/archives/005966.html

この時注目されたのが『Weblog(ウェブログ)』。今のブログです。マンハッタンに住む市民が自らが撮影した写真や現地レポートをウェブにアップし、それが一次ソースとしてとても重宝されたのです。

正確で偏りのない情報として、ウェブログを発信する weblogger、略して bloggerはアメリカにおいて市民ジャーナリズムとして市民権を得ていきました。ソーシャルメディアの勃興です。

あれから約10年。
2011年3月11日、東北関東大地震発生。

ソーシャルメディアはブログからSNS、そして『Twitter』などマイクロブログと一般に広がっていきました。今回の大震災、特に福島原発事故での情報においてツイッターの果たした役割はどうだったでしょうか。本来は正確で偏りのない一次情報が期待されるソーシャルメディアなのですが、実際には超強力なデマ拡散装置として機能してしまったのです。

911の時は正確な一次情報を伝達したソーシャルメディアが、311ではそうなりませんでした。それどころか、従来マスメディアと同様に嘘(うそ)、偽り、大げさ、憶測に基づいた情報が即座に、それこそ秒単位で拡散し、人々を不当な恐怖に陥れたのです。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。