ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福島原発事故時系列まとめ「福島第一原発3号機中央制御室に明かりがともる」

福島原発、大地震直後の発表資料より

略記:福島第一原子力発電所第1号機を略して福島1-1などと略記する場合があります。
震災発生時点より、今回の地震と原発の問題について時間に沿って整理しています。情報は随時更新されます。
尚、放射線量は距離をおけば大気によって希釈される。 落ち着いた対応を心がけたい。

【首相官邸・公式発表】
東北地方太平洋沖地震への対応 -首相官邸ホームページ-
福島第一原発周辺の避難半径地図と風向き(MAPION)
TEPCO : 福島第一原子力発電所 | プレスリリース/ホームページ掲載情報

【以下、関連する報道発表などを時間軸に沿って並べています】

●3月22日22時43分:福島第一原発3号機の中央制御室に通電がおこなわれ、制御室に明かりがともったとの報。

●19日: [政治]菅直人首相が自民党の谷垣禎一総裁に副総理兼震災復興担当相での入閣を打診したが拒否された。(MSN産経)

●19日16時過ぎ: 枝野官房長官会見[全文]

●19日: 福島1-2への電源ケーブル敷設が完了

●19日: 東京電力は従業員が福島原発事故で受ける被曝限度を100ミリシーベルトから150ミリシーベルトに引き上げたとの

●19日午前: 菅首相が民主党で代表経験者のうち鳩山由紀夫前首相、小沢一郎元代表、前原誠司前外相と首相官邸で会談、震災対応について協力を要請との

●18日: 福島第一原発敷地内の共用プールという場所に使用済み燃料があと6400本あるとの。津波で共用プールの冷却装置は故障している。数年かけて冷却されているものであるが、11日の地震以降、水温水位ともに測定できていない。

●18日: 福島第一原発の電源復旧作業が19日以降にずれこむとの。当初17日と言われていた作業。電源復旧後、冷却装置を作動させる予定だった。

●17日: 地上からの放水を実施。

●17日: 福島第一原発へのヘリコプターからの散水の結果。
放水前 :3782マイクロシーベルト
放水後 :3754マイクロシーベルト

●17日11時: 防衛大臣「今日が限度」と発言

●17日午前: 官房長官会見。「米軍の90キロメートル以内立ち入り禁止について知っているか」との記者の質問に「把握していない」と回答。

●17日9時48分: 自衛隊が福島第一原発への散水を開始。3号機4号機。7.5トンの海水を4回投下。

●16日:米軍が福島第一原発93キロメートル以内の立ち入りを原則禁止

●16日11時30分頃: 枝野官房長官(総理大臣官邸)会見にて。福島第一原発。「ミリ(シーベルト)単位の(計測結果がでている」ので作業員は退避している。4号機への注水は地上からの注水を準備中。まだ注水はおこなっていない。空中からの注水をせよとの意見もあるが、リスクが高いため現実的ではない。

●16日8時30分: 福島1-3より白煙。原因不明。水蒸気かと言われている。格納容器からの水蒸気であると推測され、これは放射性を帯びたものである可能性がある。

●15日11時13分: 枝野官房長官、福島第一原発2号機3号機付近で最大400ミリシーベルト/hの計測結果。(1ミリシーベルトは1000マイクロシーベルトに相当)。

●15日11時0分: 菅総理より国民へのメッセージ発表。福島第一原子力発電所より20キロメートル以内より全員退避。30キロメートル以内は屋内待機。福島第ニ原子力発電所については10キロメートル以内より退避。

●15日9時頃 米国に原子炉の温度を下げるための支援を要請、午前中に米軍横田基地のポンプ車が届く予定

●15日8時31分: 福島第一原子力発電所正門付近で8,217マイクロシーベルト/h計測との報

●15日8時30分頃: 福島1-2 発電所所長判断で一部従業員が退避を始める

●15日8時30分頃: 政府が統合対策本部を立ち上げたとの報

●15日8時30分頃: 福島1-2の水位が回復をはじめ、燃料棒の半分程が露出している状態との報

●15日6時10分: 福島1-2 サプレッションプール(圧力抑制室)に損傷が発見される。放射性物質の閉じ込めがうまくいっていない可能性

●15日6時10分: 福島1-2で爆発音

●15日1時10分: 福島第一原発第2号機 安全弁が開き炉内の圧力低下

●14日23時20分: 福島第一原発第2号機で再び燃料棒が完全露出(ダウンスケール)
なんらかの理由により弁が閉まってしまい、それにより内部の圧力が高まり、水を注入できなくなった。

●14日21時37分: 福島第一原発周辺の放射線量が3,130マイクロシーベルトであったと発表「15条通報」

●14日18時22分: 福島第一原発第2号機、燃料棒が完全露出

●14日17時17分: 福島第一原発第2号機、燃料棒上端の露出がはじまる

●14日16時30分頃: 福島第一原発第2号機に海水注入開始

●14日15時45分: 東北電力原町家電発電所で火事との報道

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。