ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

これでもう自分撮りは完璧!?最新鋭の自撮システム『Dundabunga – Mobile Freedom』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
81ccee834a5e0d88c52139ec9f1b0b8d_original

これでもう自分撮りは完璧!?スマートフォン、タブレット、およびカメラの世界で最も汎用性のキャプチャおよび表示システム(直訳)登場!

近年、カメラで写真を撮影する際に、自分自身も写真に写りこむ、「自分撮り」が、大流行。
各社、「自分撮り」用の商品を発表して、しのぎを削っています。

さて、「自分撮り」を行うにあたり、一番困るのが、カメラの設置場所。

keitai_jidori_selfy

お出かけ先でも、いつでもキチンと「自撮り棒」を手に持って撮影する事が出来れば良いのですが、両手が塞がって、「自撮り棒」を持てない、でも自分撮りしたい、そんな状況が多々あります。

そんな「自撮り棒」ユーザーの「困った」を今回くみ取ったのが、クラウドファンディングでお馴染みの、kickstaterです。
はたしてその商品とは・・・。

『Dundabunga – Mobile Freedom』:最新鋭の自撮システムです。

取り急ぎご報告致します。

最新鋭の自撮システム『Dundabunga – Mobile Freedom』とは?

kickstater/Dundabunga – Mobile Freedom
https://www.kickstarter.com/projects/1893116150/dundabunga-mobile-freedom

キャプチャ

『Dundabunga – Mobile Freedom』は、スマートフォン、タブレット、およびカメラの世界で最も汎用性のキャプチャおよび表示システム(直訳)、ようするに最新鋭の自撮システムです。(←テキトーな訳。)

『Dundabunga』の内部構造は、プレミアムヘビーゲージと二重ロックされた軟銅で構成されており、とても丈夫です。

『Dundabunga』の特徴は以下の通りです。(直訳)

※ディープスペースグレーアルマイト処理航空宇宙アルミヘッド
※ハイグレードのシリコンは、永久ネオジム磁石をカバー(最終Ungabungaはシリコーンカバーを持っています)
※Ungabunga磁性片は、カメラマウントを明らかに回して外し
※スーパーソフトで柔軟なニトリルゴムカバー
※ウェアラブルとすべての表面に適応

とりあえず、いろいろと丈夫な様です。(←テキトーな訳。)

7f111e6affcf0e3811d70983d5675d22_original

磁気マグネット式のマウントが付いているので、スマホやタブレットをカンタンに固定出来ます。

68e58fcd168c87108283fac0ac0ac3e2_original 7ebd042cbc7e72485e437c82c9413b9c_original

色々なシチュエーションで使う事が可能です。

a1c81cf5cc3b52672f7c19dfefd43347_original 6d97cbb20e4025daf9127e2fe77cf9dd_original d290ab4c152a9b60fda4a86d78c8ff71_original

磁気マグネット式のマウントディスク(固定される側の機器に付けるもの)は、ちょうど0.9ミリメートルの超スリムな薄さです。それはとても薄いので、スマホやタブレットにカンタンに取り付ける事が可能です。

061e5c965b28256934be88569083167d_original

kickstaterでは、$35~で出資可能な様です。

b6a8e29a137a83f068d9ef2cccf4ddf9_original

商品化が楽しみですね!

※クラウドファンディングや海外通販への出資や購入については、筆者及び編集部はその内容を保障するものではありません。クラウドファンディングや海外通販の世界はあくまでも自己責任のルールです。ご注意下さい。
※『Dundabunga – Mobile Freedom』の記事の執筆に当たっては、Bungajungle 様に執筆の連絡を行い、ご承諾を頂いております。
※イラスト:かわいいフリー素材集 いらすとや http://www.irasutoya.com/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。