体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモが2011年春モデルとしてAndroidスマートフォン『MEDIAS N-04C』『Xperia arc SO-01C』とタブレット『Optimus Pad L-06C』を発表

ドコモが2011年春モデルとしてAndroidスマートフォン『MEDIAS N-04C』『Xperia arc SO-01C』とタブレット『Optimus Pad L-06C』を発表

NTTドコモは、2011年春モデルの新製品発表会を開催しました。いずれもAndroid端末で、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製の『MEDIAS N-04C』とソニー・エリクソン製の『Xperia arc SO-01C』がスマートフォン、LGエレクトロニクス製の『Optimus Pad L-06C』は通話機能を持たないタブレット端末。いずれも『ドコモ スマートフォン』としてラインアップされます。いずれも3月中に発売と、かなり急ピッチで市場へ投入される予定で、ドコモがAndroidスマートフォンで攻勢をかけていることがうかがえます。

※記事の写真がすべて表示されない場合はこちらをご覧ください

・“世界最薄”のスマートフォン『MEDIAS N-04C』

『MEDIAS N-04C』を発表

最初に紹介されたのは、NECカシオモバイルコミュニケーションズが満を持して製品化した初のスマートフォン『MEDIAS N-04C』。厚さ7.7mm、重量105gという“世界最薄”のAndroidスマートフォンです。3月15日に発売予定で、3月4日から事前予約を受け付けます。新規契約での端末価格は2万円台後半の見込み。

ディスプレー面 背面

OSはAndroid 2.2。『Flash Player 10.1』に対応し、パソコン同様にFlashコンテンツが利用可能。4.0インチ 480×854ドットのフルワイドVGAディスプレーを搭載し、『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線通信に対応します。iモードのメールアドレスやキャリア決済が利用できる『spモード』、ドコモが運営するアプリマーケット『ドコモマーケット』にも対応。『Twitter』『Facebook』『mixi』などで友人とのやりとりを一覧できるアプリ『ソーシャル電話帳』をプリインストールしています。カラーはMEDIAS BlackとMedias Whiteの2色です。

薄さが印象的 ディスプレー面 平面的な3ボタン

タッチ&トライコーナーで実機を触りましたが、とにかく印象的なのはその薄さ。「大きくてゴツい」という、従来のスマートフォンのイメージを覆すものとなっています。説明員によると、CPUは『Snapdragon』の『MSM 7230』800MHzで、バッテリー容量は1230mAh。薄さを実現するためにバッテリー容量が多少犠牲になった印象はありますが、「凄く使用時間が短いということなない」(説明員)とのこと。

夏にはAndroid 2.3へのバージョンアップを予定。夏モデルには後継機種として、防水機能を搭載した『MEDIAS』の発売を予定しており、そちらも2.3で出荷されるものとみられます。

『MEDIAS N-04C』主な仕様
サイズ:約W62×D127×H7.7mm(最厚部約8.7mm)
重量:約105g
3G連続待ち受け時間:約360時間
GSM連続待ち受け時間:約220時間
連続通話時間:約250時間(3G)、約250時間(GSM)
ディスプレー:約4.0インチ 480×854ドット フルワイドVGA TFT 26万2144色
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
カメラ:CMOS 有効画素数約500万
カラー:MEDIAS Black、MEDIAS White

国内初のAndroid 2.3搭載『Xperia arc』

『Xperia arc SO-01C』を発表

続いて発表されたのは、ソニー・エリクソン『Xperia SO-01B』の後継機種『Xperia arc SO-01C』。国内では初めて、スマートフォン用最新OSであるAndroid 2.3(Gingerbread)を搭載した端末となります。「arc(円弧)」の名を冠している通り、背面に円弧状の“アークデザイン”を施し、最薄部の厚さは8.7mm。3月24日に発売し、3月4日から事前予約を受け付けます。新規契約の端末価格は3万円を切る見込み。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。