ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • まるでプロの犯行! 映画『インセプション』のMAD動画のクオリティが高すぎる
  • 映画『エクス・マキナ』のソノヤ・ミズノが映画『Crazy Rich Asians(原題)』に出演
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ジョンソン監督が明かす注目の特典映像 あの俳優のカメオ出演も
  • 上戸彩さんが自宅でラブシーンの特訓!? 『エクリプス/トワイライト・サーガ』公開アフレコに行ってきた
  • 正義じゃ守れないものがある『シン・シティ 復讐の女神』超クールなポスターヴィジュアル解禁!
  • 小野賢章「人間っぽくない感じを出せたら」『映画プリキュアスーパースターズ!』インタビュー
  • 細田守監督最新作『未来のミライ』特報映像が趣味全開だと話題「ほんとにケモノ好きだな」
  • ステイサム兄貴が新年早々大暴れ! 来年1月公開『WILD CARD/ワイルドカード』でラスベガスの裏社会を生きる“凄腕用心棒”に
  • スティーヴ・ピンク監督、セガのゲーム『レンタヒーロー』をもとにした映画の監督へ
  • あの『超映画批評』が『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に95点
  • ヒュー・ジャックマン、政治映画『The Frontrunner(原題)』でゲイリー・ハート上院議員役として主演へ
  • くらたま&岩井志麻子が言いづらい女子の悩みにエール「ずっと処女でも良い」
  • 映画『スター・ウォーズ』R2-D2役、映画『最後のジェダイ』ではジミー・ヴィーが担当へ
  • 【動画】映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のすべての予告編をひとまとめにしたスーパーカット版が公開
  • GYAO!の映画担当バイヤーが熱く語る「青年たちの繊細さと美しさにノックアウト」 無料配信掘り出し映画特集『アナザー・カントリー』
  • 世界を挑発した元祖“禁断の愛”映画『愛のコリーダ』ニコニコ生放送決定! 『私の男』公開記念

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プラス思考に変わる「自問自答」の方法

プラス思考に変わる「自問自答」の方法

 目標を達成したり、会社で出世したり、あるいはお金持ちになったり……。
 こういう、「自分なりの成功」を収めるためには努力も大事ですが、それだけでは足りません。自分に巡ってくる数少ない 「チャンス」を確実につかむことも、努力と同じくらい欠かせないことです。

 「チャンスとは何か?」は、人によって、あるいは目指しているものによって違うはず。でも、一つ言えるのは、チャンスは「待っているだけ」ではダメだということです。
 この連載では『チャンスの神様と出会う方法』(村川智博/著、現代書林/刊)から、チャンスをつかむために必要な要素を紹介していきます。3回目の今回は、「チャンスを呼び込む脳の作り方」です。

■前向きな言葉を使う
 言葉が持つ力の大きさはかねてから指摘されている通りです。
 チャンスはマイナス思考の人のもとにはやってきません。そして、常に前向きに、プラス思考をするためには、まず「後ろ向きな言葉」を使うのをやめて「前向きな言葉」を使う必要があります。
 「無理」「できない」といった言葉は、後ろ向きな言葉として避けるべきですし、「難しい」も、「簡単ではない」という風に、「疲れた」も「よくがんばった」というように、できるだけポジティブに言い換えて使いましょう。

■できる前提で考える
 人間、成功よりも失敗の方がよく記憶しているものですから、年を取れば取るほど「失敗の記憶」が増え、物事に対して臆病になってしまいがちです。そうなると、何をやるにしても、挑戦する前に「できない理由」を探してしまうようになってしまいます。
 これでは、チャンスなど巡ってきませんし、巡ってきても気づくことができません。
どんなことであっても「できる前提」で考えて「何かやり方があるんじゃないか」と可能性を探る人にチャンスは訪れます。

■「成功イメージ」を持つためのトレーニング
 「できる前提」で考える、というのは、どんなことにも「成功イメージ」を持つということです。これは、人によっては上手にできないかもしれません。
 そんな時は、以下の5つの質問を自分に投げかけてみましょう。

・今、あなたは仕事が楽しくてワクワクしていますか?
・今、あなたは明確な目標があってワクワクしていますか?
・今、あなたは職場が楽しくてワクワクしていますか?
・今、あなたは誰かを喜ばせたくてワクワクしていますか?
・今、あなたは自信にあふれてワクワクしていますか?

 これらの質問に対し、「イエス」と答え、その理由を考えることで、脳をワクワクさせることができ、「成功イメージ」が頭に浮かびやすくなります。

 チャンスをつかめる人になれるかどうかは、結局のところ自分の考え方と毎日の過ごし方次第です。本書をきっかけに自分の考え方と行動を見直してみると、案外すぐに成果があらわれるかもしれません。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
目標の実現が遠のくNGメンタル
ビジネスの必須スキル?時流を読むコツとは
「チャンスをモノにできる人」に共通する習慣

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。