ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】浜田省吾、サザン 大御所がチャートを引っ張る、ワイスピは追いつけるか!?

【先ヨミ】浜田省吾、サザン 大御所がチャートを引っ張る、ワイスピは追いつけるか!?

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから5月4日~6日までの集計が明らかとなり、浜田省吾『Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター』が、5月11日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums”と同様に首位に立っている。

 2位も、“Top Albums”と同じく、サザンオールスターズ『葡萄』。発売から1か月以上経過したが上位をキープしている。興行収入20億円突破した映画『ワイルド・スピード スカイミッション』のオリジナル・サウンドトラックが3位にランクイン。4位は、ドラマCD『抱かれたい男1位に脅されています。』。5位には、DJ KAORIが人気洋楽曲を使ったミックスCD『DJ KAORI’S BEST POP HITS』が入っている。“Top Albums”の上位5作のうち、4作が引き続きセールスを積み上げている結果となった。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2015年5月4日から6日までの集計)
1位:浜田省吾『Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター』
2位:サザンオールスターズ『葡萄』
3位:サウンドトラック『ワイルド・スピード スカイミッション オリジナル・サウンドトラック』
4位:ドラマCD『抱かれたい男1位に脅されています。』
5位:DJ KAORI『DJ KAORI’S BEST POP HITS』

関連記事リンク(外部サイト)

【深ヨミ】洋楽曲アルバム、三者三様のチャートアクションでランクイン
ビルボード×サマソニ『Billboard JAPAN Party』 今年も開催決定!テーマは”ファンク”
玉置浩二、NHK『SONGS』にてオーケストラとの共演の模様が放送決定 『田園』ら珠玉の6曲を東京フィルと

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。