ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

フランスの漫画のクオリティが凄い! バンドデシネが日本でも流行るか?

ギアソリッド バンドデシネ

フランスでは現在空前の日本ブーム。現地ではオタクのイベントまで行われておりフランス人の日本漫画好きは異常。しかしフランスの漫画のクオリティを見てみるとそちらもかなり凄いクオリティなのだ。

そんなわけで今回はフランスの漫画を引用しながら紹介したい。向こうでは“バンド・デシネ”と呼ばれるジャンルが確立されておりストーリーよりもアート指向な作品をそう指すらしい。ガジェット通信読者にも“バンド・デシネ”というジャンルを知らない人もいるのでは。もっと詳しく知りたい人は、Wikipediaを参照してほしい。
あの大友克洋もバンド・デシネに影響を受けているらしくその特徴が絵に出ているとのこと。

そんなバンド・デシネの特徴を下記に纏めてみた。
彩色:鮮やかな彩色、グラデーションによる表現が行われている。カラーによる表現が基本である
コスト:色付きのため印刷コスト、すなわち販売価格が高価になる(単行本ではハードカバーで確実に1000円以上)
読者層と作者数:マンガと比較して読者層は薄く、青年から成人の男性が多い。作者も男性がほとんどである
キャラクター:キャラクターは日本におけるような定型化は起こっていない
製作サイクル:比較的長い。巻と巻の間が数年開くこともしばしばある。
消費サイクル:絵の美しさをコレクターがじっくり鑑賞するなど、比較的長い
(Wikipediaより一部引用)

こうやって見てみると漫画より芸術的な見方がされている傾向がありそうだ。そのクオリティから毎週の連載も難しく1年に1回単行本を出せたら良い方だとか。
アメリカにはアメコミ文化がありフランスにはバンド・デシネコミック。略したらバンコミか?
まだまだ知られていない文化だが、フランスと日本が交流していく内に日本でもバンコミが流行る日が来るかもしれない。

ちなみにあのメタルギアソリッドのデジタルコミックは日本国外では『ギアソリッド バンドデシネ』とい呼ばれている。

バンドデシネコミック

バンド・デシネ(Wikipedia)

■関連記事
『ニンテンドー3DS』の価格を大胆予想! 2万円を超えるという意見もあり
元AKB48メンバーでAV出演したやまぐちりこがAV撮影後に連絡が途絶える?
パソコンの返事で「うい」と使う人の心理 「楽だから使う」「親しい人のみ」
『ATOK Pad for iPhone』の発表会で開発の秘密を聞く! 9月22日にAppStoreで発売
『グランド・セフト・オート』開発者が手がける新作『レッド・デッド・リデンプショ ン』を遊んで来た 海外との差は無し!

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき