ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる

メレンゲが腐るほど恋したい

今回はmerecoさんのブログ『メレンゲが腐るほど恋したい』からご寄稿いただきました。

巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる
雨季のハノイでハスのつぼみを摘んで蓮茶(はすちゃ)を作っているところを見たり、道端でフォーを食べたり、ベトナム雑貨を買いあさったりと命のかぎり楽しんできました。中でも印象に残っているのは、ハノイ郊外の国立公園に一泊して一生分のチョウを見たことです。巨大ナナフシを頭にのせたり、やはり熱帯は虫天国でした……!

巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる

ハノイに着いた日の夜、ホテルで「明日ハノイに台風が直撃するらしいんですがどうしましょう……」という電話を受けて、本当にどうしましょう……死にたい……と思ったが、翌日はきれいに晴れました。

生きててよかった! 夢をあきらめない!

巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる

ハノイ市内は歩き回ったりタクシーで観光できますが、これから行くクックフーン国立公園というテンション高めの場所には車で3時間半ほどかかるので現地ツアーをお願いしています。ホテルが朝食つきのプランなので、朝のお弁当を持たせてくれました。ただのサンドイッチだけど、噂どおり(旧フランス植民地なので)パンがおいしい気がする……。

巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる

3時間半はさすがに飽きるかなーと思っていたのですが、見たことのない景色ばかりすぎてまったく飽きなかった! 車から写真を撮ったり5時起きなので寝たりしている間に着いてしまいました。日本語ガイドが運転してくれるのかと思いきや、ガイドとドライバーは別の人でえらい殿様旅行である。

巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる

ガイドさんは「ワタシはクックフーンに行くのは初めてです。昨日、インターネットでいっぱい予習してきました!」と、ベトナム語でビッシリ書いたアンチョコを持っていた。ここが国立公園のビジターセンターの入り口です。

巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる

「さすが熱帯、そこいらにチョウが飛んでるね〜」などと言いながら撮った写真。今にして思えば、この程度で喜んでいた時代がありました……。

巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる

ビジターセンターには国立公園にいる動物の絵や写真などが展示してあります。絶滅が危惧(きぐ)されている霊長類の保護施設などがあるらしい。猫科の大形動物やアルマジロ、コノハムシの絵まであって胸が躍ります。コノハムシ、結局見られなかったけどきっと木の葉度が高すぎるのだと思う……きっと半径1メートルくらいにニアミスした瞬間もあったに違いない(ささやかなオプチミズム)。

巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる

霊長類保護施設を見たあと、宿泊棟に移動して昼食、午後に森林トレッキングだという。まずは霊長類保護施設に向かいます。左は英語ができるネイチャーガイドさんで、右が日本語ツアーガイドのゴックさんです。

絶滅しそうな美麗な猿たちを見る

巨大ナナフシからチョウの幻想的な乱舞まで! 雨季のベトナムの森に泊まる

じっとりした熱帯雨林の中に金網のオリがあって、ひとつがいずつ猿が入れられています。猿ってリスザルとか凶悪 *1 だし、あんまり動物の中では好きなほうじゃないなーと思っていましたが、さすが珍しい猿、見かけも特徴的できれいなものが多いです。ガイドさんは「この施設にはたくさんの絶滅しそうなレイチョウがいます」って言ってて、たぶん猿=レイチョウになってしまっているな……と思ったがアドバイスするタイミングを逃した。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき