ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人生のホラー映画ベスト3 【漫画家・相原コージ編】[ホラー通信]

人生のホラー映画ベスト3 相原コージ編

「ホラー映画のベスト3をあげるなら?」というシンプルながらも悩んでしまう質問を、映画関係者・著名人の皆さんにうかがっていく『ホラー通信』特別企画です。

漫画家・相原コージ編

・『ゾンビ』(1978) 監督:ジョージ・A・ロメロ
・『エクソシスト』(1973) 監督:ウィリアム・フリードキン
・『悪魔のいけにえ』(1974) 監督:トビー・フーパー

<相原先生によるコメント>
3つあげるとすると、凄い王道ですけれどこの3作ですね。どれも当時に観てショックを受けたものです。子供のころや若いころに観たものって怖いですよね。なにが本当でなにがフィクションかよく分かっていないし。一番最初に観たのは『吸血鬼ドラキュラ』だったんですけど、“吸血鬼”が本当にいると信じてしまってました。
今はフィクションだと分かって観ちゃうので、昔のような新鮮な怖がり方ができないのが残念でもありますね。

<相原コージ先生プロフィール>
『かってにシロクマ』『コージ苑』『サルでも描けるまんが教室(サルまん)』などを代表作に持つギャグ漫画家。現在、別冊漫画ゴラクにて独自のゾンビ哲学によって描かれたゾンビパニック漫画『Z~ゼット~』を連載。単行本1巻・2巻が発売中(以降続刊)。
『Z~ゼット~』を鶴田法男監督・川本まゆ主演により実写映画化した『Z~ゼット~果てなき希望』が2014年7月に公開。現在、劇場版から省かれたエピソードも収録した完全版のDVDボックスが発売中。

関連記事:ゾンビ感染が巻き起こす、滑稽かつ感動的なドラマ――映画『Z~ゼット~果てなき希望』相原コージ先生&鶴田法男監督インタビュー 

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。