ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

錦織、本田…超一流プレーヤーはなぜ最高のパフォーマンスを残せるのか?

錦織、本田…超一流プレーヤーはなぜ最高のパフォーマンスを残せるのか?

 アジア出身の選手で初めての歴史的快挙ということで、錦織圭選手のグランドスラム決勝進出に日本中が熱狂しました。とくに準決勝の試合終盤での長いラリー。どんな球もミスをしないという錦織選手のプレーは圧巻。
 よくアスリートはよい集中状態のことを“ゾーンに入る”といいますが、錦織選手のプレーはまさに“ゾーン”そのものだったと、誰もが感じたのではないでしょうか。

 ところで、そもそもこの“ゾーンに入る”とは、どういうことなのでしょうか。順天堂大学医学部教授で、日本体育協会公認スポーツドクターでもある小林弘幸先生に話を聞きました。

「“ゾーンに入る”とは、自律神経が最高に整ったいい状態のことをいいます。交感神経と副交感神経が1:1のバランスで整った時のことです。例えば、野球選手がピッチャーの投げた球が止まってみえるように感じたり、自分のプレーを第三者的に俯瞰できるように感じること。ほどよい緊張の中、固くなり過ぎずに最高のパフォーマンスを出すことができます」(小林先生)

 この“ゾーンに入る”ことは、なにもスポーツの場だけのことではありません。日常生活でも経験することができると小林先生は言います。

「自律神経を整えると、健康にいいだけではなく、体のパフォーマンスが上がります。アスリートはもちろん、私たちにも必要なことなのです。私たちで言えば、仕事に熱中して周りの雑音が気にならなくなる、時間が経つのを忘れてしまう。これもゾーンに入ったということでしょう。そして、そのような状態にもっていくためには、ストレスで崩れている自律神経のバランスを、毎日意識的に整えることが大切です。そのために、みなさんにおススメしている、とっておきの方法が“日記を書くこと”です」(小林先生)

 小林先生は、近著『「3行日記」を書くと、なぜ健康になれるのか?』(アスコム/刊)で、この日記の書き方、そしてその医学的根拠をやさしく解説しています。
 日記を書くことは、日々の感情で“グレー”にしている部分を明確にする行為です。人は不明確な部分をストレスと感じます。日記でそのグレーの部分を書きだし、明確にすることで、ストレスを引きずらなくてすむのです。

 サッカーの本田圭祐選手が、今でも毎日書いていると話題になった“夢ノート”も日記のひとつ。やはり一流の人は、意識的に自律神経をコントロールする方法を知っているのでしょう。およそ9割の人は、自律神経が乱れているというストレス社会。“ゾーンに入る”とは言わないまでも、まずは日記を書いて、日々のパフォーマンスを上げてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
阪神・金本に見る、“優秀なチームメンバー”の特徴
リーダーの極意は「ネガティブ発言」
スポーツドクターが明かす“あきらめる”ことの大切さとは

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。