ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アドビが『Photoshop CS5』体験版配布開始 ダウンロード殺到で推定残り時間5時間以上!?

ダウンロードに5時間以上 転送速度30kb前後

アドビ システムズが5月28日に発売する『Adobe Photoshop CS5』日本語の体験版が本日公開された。『Adobe Photoshop CS5(Extended)』ではCS4同様に64bitOSに対応し大容量メモリを活かした作業が可能となる。

『Adobe Photoshop CS5』が9万9750円、アップグレードが2万6250円、更に上位版の『Adobe Photoshop CS5 Extended』は14万700円、アップグレードが4万8300円となっている。とても安いと言える値段では無いので、ここは30日間使える体験版で『Adobe Photoshop CS5(Extended)』の機能を試してみることにした。

体験版のファイルは2つに分割されており、1.17メガバイトの実行形式ファイルと、979メガバイトの7z圧縮ファイルにわかれている。公開されたばかりということもあり、ダウンロードが殺到しているようで、ダウンロードに5時間以上掛かるようだ。ちなみにに転送速度は約30kbps。ブロードバンド環境でこの速度だ。

不動の人気を誇るレタッチソフト『Adobe Photoshop CS5』の最新版は以下の新機能が注目されている。

・「境界線を調整」機能の強化で、選択範囲をより素早く精巧に作成
・写真から不要物を魔法のように除去「コンテンツに応じて塗りつぶし」
・写真を絵画のような仕上がりにする「混合ブラシ」

もちろんそれなりのマシンスペックも要求されるが、その辺も体験版で一度使って試して見た方がいいかもしれない。今回の『Photoshop CS5』でバージョン12になる同製品だが、未だにバージョン5.5や6を使っている人もおり、更には『SAI』の登場でそちらに移行しているユーザー(日本限定)もいるという。

『Painter』や『PhotoImpact』などの類似製品も出てきたが、どれも対抗できず未だにひとり勝ち状態の『Photoshop』今後もレタッチソフトとして進化を続けるだろう。

体験版落とすの面倒くさい、でも画像加工したいと言う人は『photoshop.com』というサービスがあるのでそちらを使ってみては如何だろうか?

Photoshop公式サイト
photoshop.com
https://www.photoshop.com/

■最近の注目記事
あの『オプーナ』のサウンドトラックが年内発売? 作曲者は『FF12』や『オウガバトル』を作曲していた人!
トイレ男? 「トイレットペーパーが無い!助けて」と『Twitter』で助けを求め無事生還
ニーアゲシュタルト&レプリカントのサントラがアマゾンで高評価! 中身は保証付きだった

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy