ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京モーターショー2013】日産が示す二つの新たな未来

日産エンブレム

日産は今回のモーターショーの目玉として、3台のコンセプトカーを公開した。詳細な予定スペックは発表されておらず、いわゆるデザインコンセプトといった3台だが、そのデザインにはとてもユニークな試みが盛り込まれていた。

※全ての画像がご覧頂けない方はガジェット通信をご覧ください。

三角形の流線型フォルムが美しい

ブレイドグライダー

未来からタイムスリップしてきたかのようなフォルムが特徴的な『ブレイドグライダー』。空力を強く意識したという非常にシャープなデザインは、スピードだけでなくハンドリング性能にも気を配っているとのこと。効率的なフォルムの中には、CO2排出量ゼロを表す“Zero Emission”の文字もある。そうこの車、電気自動車なのである。市場に出た場合は、比較的高価になる(かも知れない)そうで、趣味で楽しむ2台目向きの車だそうだ。

実は運転席+後部座席2席といった3シーターという珍しいレイアウトになっており、お子様を乗せてドライブといったファミリーユースも十分に考慮されているとのこと。スポーツ性能、環境性能、そして快適性能といった、自動車に必要な実用性をトコトン追求し具現化した1台である。

ゲームのCGのような、大胆なデザイン

アイディーエックス ニスモ

まるで最新ゲームから飛び出してきたようなデザインの『アイディーエックス ニスモ』。車に詳しい人であれば、誰しもが旧スカイライン(ハコスカ)や旧フェアレディZ(30Z)を想像することだろう。しかし『アイディーエックス』は、若者の意見を取り入れたコ・クリエーション(共同創造)によりでき上がったデザインだという。

近年たしかに若者は車から離れているが、実はゲームでは車好きで、しかも昔の車を好む傾向があるのだという。そしてレーシングカーのようなカラーリングもまた、若者の人気に基づきデザインされている。つまり単純に過去の人気に基づいた復刻ではなく、現代の若者のニーズを形にした結果なのである。

こだわりぬかれたファッション性

アイディーエックス

そしてどこか懐かしい雰囲気の漂う『アイディーエックス フリーフロー』。フォルムは『アイディーエックス ニスモ』同様に、若者のファッション性を意識したモデルとなっている。例えば、アプリ内課金や高価なデニムパンツなど、趣味にはいくらでもお金を使うが車は買わないといった若者を想定し、ビンテージ加工されたデニム生地やステッチ(縫い目)の色使いなど、インテリア(内装)の素材にこだわりが詰め込まれているのだという。

日産の描く未来とは

ゴーン氏

『ブレイドグライダー』は、“技術”の未来。『アイディーエックス』は、市場への“アプローチ”の未来。カルロス・ゴーン氏も強くアピールしていたこれらのコンセプトカーには、単に技術力を示すだけでなく、日産のものづくりの“未来”が凝縮されている。

日産自動車ホームページ
http://www.nissan.co.jp【リンク】

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy