ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネイルをしたくてもできない理由は?「職場・学校で禁止されている」「家事・育児でできない」など

指先のおしゃれとして楽しむ人が増えつつあるネイル。自分で手軽に使えるシールにも様々なバリエーションが登場するようになり、専門のネイルサロンも次々とオープン、注目度が高まりつつあります。『オタ女』でも、『進撃の巨人』や『Free!』、『まどか☆マギカ』といった人気作品の痛ネイルを施してくれる秋葉原でサロン『VenusRico』のレポートに大きな反響がありました。

これが直筆……!? 超絶クオリティなのにリーズナブル! 話題の“痛”ネイルサロン「VenusRico」に行ってきた - オタ女
http://otajo.jp/20954 [リンク]

とはいえオフィスや学校でネイルをしている人はまだまだ少数派…。
ネイルデザイン共有サイト『NAILISTA』が2013年8月5日から12日までにインターネットで実施した意識調査によると、ネイルをしたいが出来ない環境にいる人が7割以上という数字になっており、まだまだ二の足を踏んでいる人も多いことが浮き彫りになっています。

10代から40代の女性553人を対象としたこの調査では、「ネイルをしたことがありますか」という質問に対して31,1%が「現在ネイルをしている」、39,8%が「過去にしていたことがある」と回答。専門サイトによる数字とはいえ、おしゃれの楽しみ方としてかなり浸透していることがうかがえます。
経験者の動機としては、「ファッション」(76.5%)「女子力アップ」(39.5%)「自分へのご褒美」(22.2%)といった理由が挙がり、自分磨きのために施している人が多いようです。

また、ネイルをする上での不満としては、「時間が掛かる」「値段が高い」といったものが上がっており、忙しい女子に取って手が出しづらい一面が否めないという結果に。
一方、ネイルをしたい気持ちはあるが出来ないという人は、「職場(学校)で禁止されている」(20.7%)や「家事・育児で出来ない」(29.1%)という生活環境による理由が大きくなっています。

とはいえ、「ネイルをしていない理由が解消されたらネイルをしたいか」という問いに76.6%が「はい」と答えており、出来ればネイルをしてみたいという層が多いことも明らかになっています。同じく現在ネイルをしていないという381人も「休日限定ネイルをしたいか?」に対して65.1%が「はい」としており、環境が整えばやってみたいという気持ちを持っている人も多数存在していることも示されました。

楽しみ方のバリエーションは増えているとはいえ、会社・学校や家庭での理解や認識が追いついていない現状も垣間見える結果となった今回の調査。
友人同士だけでなく、周囲に「おしゃれ」を認めてもらえるような空気が広がるまでには、時間が必要なケースも少なくなさそう。それでも「ネイルしたい!」と一歩を踏み出す人が増えるかどうかが、さらに普及するカギになるのではないでしょうか。

NAILISTA
http://nailista.jp [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。