ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『PSP go』入手! 発売前に大検証して全部見せます教えます!

psp11

日本で2009年11月1日に発売が予定されている携帯型ゲーム機『PSP go』。従来の『PSP』と大きく違う点は、UMD、つまり光ディスクタイプのソフトウェアを使用できなくなっており、完全にダウンロード専用のハードになっているという部分だ。また、従来の『PSP』よりもかなりコンパクト化されているのもポイントとなっている。

ガジェット通信ゲーム班は、一足早く『PSP go』の北米版を入手。日本での使用に関してや、さわり心地などを徹底検証し、はたして『PSP go』が魅力的なハードといえるのか調べてみた。従来の『PSP』でも可能だった技術についても語っているが、はじめて『PSP』や『PSP go』を知る人たちのためにあえて掲載している。

ここに記載する検証情報は編集部のゲーム環境にてチェックしたことであり、読者の皆さんが『PSP go』購入後に記事と同様の展開ができなかったとしても責任を取りかねるので、あらかじめご了承いただきたい。また、ここで表記している『PS3』は日本版『PS3』を意味している。

・パッケージ内容
北米版『PSP go』のパッケージに入っている内容は、『PSP go』本体、取扱説明書(英語版とフランス語版)、専用USBケーブル、電源アダプター(USBケーブルを電源コードと接続する機器)、電源コード、『Media Go』コンパクトディスク、クイックスタート取扱説明書、新作ゲームソフト紹介チラシ2枚(ソフトダウンロードバウチャー)だ。ちなみに型番はPSP-N1001PBである。電圧と電力に関しては日本での使用に問題はない。

psp5

・起動
実際に起動してみると、まずは言語、誕生日などを入力する必要がある。日本語もあるので今回は日本語を言語として設定し、進めてみることにする。パッケージには「リージョン1」と書かれているが、特に問題なく日本語環境で使用できることがわかった。

p1

・インターネット接続
無線LANに『PSP go』を接続することができた。どうやら国や地域に関係なくインターネットに接続することは可能のようだ。専用ブラウザでサーチエンジンサイト『Google』にアクセスしてみたところ、表示方法にもっと改善の余地はありそうだが問題なくアクセスできた。

psp3

・ファームウェアのバージョンアップ
初期のファームウェア(PSPシステムソフトウェア)のバージョンは5.XXだが、バージョンアップする必要があると表示される。これは無線LAN接続によって『PSP go』単体でバージョンアップすることができた。バージョンアップ後は6.10である。日本版『PS3』経由では北米版『PSP go』のバージョンアップができないという話もあるようだが、少なくとも無線LAN接続では問題なくバージョンアップできた。ちなみに、ファームウェアのバージョンアップは十分なバッテリー残量がないと拒否される。購入時のバッテリー残量ではバージョンアップできないケースがあるようで、まずはあせらず充電をしてからバージョンアップに挑みたい。

p3

・プレイステーションネットワークへのアクセス
北米版『PSP go』から、すでに持っているプレイステーションネットワークIDでログインすることができた。これで日本の PlayStation Store で買い物をしたり、さまざまな日本のサービスを受けることができる。

p5

・『PS3』との接続
充電するための電源コードと兼用のUSBケーブルは、『PSP3』に接続することができる。北米版『PSP go』だが、問題なく日本版『PS3』に接続することができた。『PS3』に接続すると『PSP go』はUSBモードに入り、『PS3』で操作を進めることになる。

・『PS3』PlayStation Store 購入ソフトの起動 アーカイブソフト編
『PS3』から日本の PlayStation Store にアクセス。そこで購入したプレイステーション用ソフト『ファイナルファンタジーVIII』を北米版『PSP go』にインストールし、実際にプレイすることができた。ゲームデータはUSBケーブルで『PS3』と『PSP go』を接続して転送。特に北米版『PSP go』だから特別な操作をする必要はなく、従来の『PSP』と同じように取り扱うことができた。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy