ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

台湾で人気?“グリーンアスパラガスのジュース”を飲んでみた

aspara01

台湾のコンビニで必ず見かける不思議な飲み物――それは『津津蘆筍汁』というグリーンアスパラガスのジュースです。「これ、飲む人いるの?」と思っていたのですが、髪の長い台湾の女の子が2本も持って歩いているのを目撃し、もしかしたらおいしいのかも……と試しに飲んでみることにしました。ついでに隣にあった『泰山緑豆椰果』も一緒に合計40NTドル(約130円)で購入。さて、いったいどんなお味がするのでしょうか?

aspara03

とりあえずは、飲む前に「原料」の欄をチェックしました。主原料は「蘆筍濃縮汁」、副原料は「水、砂糖、果糖、レモン酸」で、意外とシンプルに作られているようです。それにしても、果汁の濃縮ジュースならまだしも、グリーンアスパラガスの濃縮ジュースってどんなものなのかちょっと気になりますね。

aspara05

パッケージには『蘆筍小百科』という、アスパラガスに関する解説もありました。それによると、「アスパラガスは地中海岸原産で、何千年も前からヨーロッパで食されている。体の熱を下げ、渇きをいやし、疲労感を減少させ、体力を増強し、精神を旺盛にし、体質や生理機能を整えて新陳代謝を活発にし、美容によく健康を維持する(直訳)」などの効能があるとのこと。このあたりが、人気のヒミツなのかもしれません。

aspara04

グラスに注いでみると、白濁した薄緑色の液体です。意外なことに、味の第一印象は『マミー』。わずかな青臭さと、ホワイトアスパラガスの缶詰のようなにおいの混じっていて、例えるなら「きゅうりにハチミツを塗ったらメロン味になった」という感じ。後味もさっぱりしていて普通に飲めてしまいました。これは、日本のコンビニにあったら買う人もいるかも?

mung02

さて、それでは『泰山緑豆椰果』のほうはどうでしょうか。「緑豆」は、ムング豆のことで、台湾ではスープなどによく使われているようです。「椰果」は、いわゆるナタ・デ・ココのこと。主原料は「緑豆、椰果」、副原料は「水、砂糖、天然香料」で、パッケージの写真を見る限りでは、ジュースというよりはスイーツのよう。「太いストローを使って飲めば、噛み応えたっぷりの緑豆とナタ・デ・ココがお口に広がります(意訳)」と書かれています。

mung01

グラスに注ぐと、ムング豆とナタ・デ・ココがドボドボッと底に沈みます。さすがにパッケージ写真のようにたっぷりということはありませんが、かなりしっかりと固形物が入っています。味は、「ムング豆で作った冷やししるこにナタ・デ・ココが入っている」というイメージでしょうか。太いストローを使うようにという注意書きも当然で、「飲む」よりも「食べる」に近くわりとお腹にたまります。甘さはちょっとしつこいめ、でした。

台湾の街角には、ジューススタンドもたくさんありました。冬瓜と黒糖で作った『冬瓜茶』、真っ黒で独特のにおいのする『仙草茶』、そして日本でも人気のタピオカミルクティーなど、バラエティに富んだメニューは見ているだけで楽しくなります。いろいろ試してみましたが、「全体的に甘みが強く、たまにクセがあるものもあるけどわりとイケる」という評価に落ち着きました。もし、台湾を訪れることがあったら、旅のみやげ話にもなりますので、ちょっと変わったドリンクにチャレンジするのもいいかもですよ。
 
 
■関連記事
日本人が安心できる甘さ『和素材工房 米づくり』を飲んでみた!
あずき味の『ペプシコーラ』キターー! ぶっ飛びすぎ!?
『倉敷ゲゲゲの妖怪館』で地獄直輸入『墓場の地獄果汁』を飲んでみた!

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき