“わがまま環境”を作って『カプコン アーケード キャビネット』の『1943』をプレイする

access_time create folderゲーム
わがまま環境で『1943』をプレイ

『カプコン アーケード キャビネット』とはなんぞや

今回紹介するのは『カプコン アーケード キャビネット』というPS3およびXbox360で動作するゲームプラットフォーム。
カプコンが過去に出した名作レトロゲームを遊ぶことが出来てしまうのだ。

カプコン アーケード キャビネット

『カプコン アーケード キャビネット』そのものは無料。ダウンロードするだけでも『ブラックドラゴン』がオマケでついてくるので(腕次第ではあるが)エンディングまで遊べるのだ。加えて『1943』と『必殺無頼拳』の体験版もついてくるので、これだけでもかなりやりごたえがある。。

前回記事ではあの『魔界村』をダウンロード購入して、その内容を紹介した。

※前回記事
80年代よ再び―『魔界村』で試す「おっさんゲーマーは当時の自分より上手くプレイできるか?」
https://getnews.jp/archives/298371 [リンク]

今回も名作『1943』をダウンロード購入し、当時のゲームセンターではできなかったことを試してみたい。
※すべての写真が表示されない場合はこちら

購入画面

大画面モニタと放送用スピーカーと高級ジョイスティックで環境構築してみる

環境

まず、モニタは大画面の液晶テレビを用いた。これについてはプロジェクタを用いたり、ゲーム専用液晶モニタを用いるなどの選択肢が想定できるが、今回はコストパフォーマンスと再現性を優先してみたぞ。

スピーカーについては、(マスタリング用モニタスピーカーという選択肢もあったのだが)生放送業務で使用しているものを用いて音圧と音量重視にしてみた。

スピーカー

ジョイスティックは、対戦ゲーム用の高級ジョイスティックを使用。

ジョイスティック

対戦ゲーム用に特化しているとはいえ、瞬間瞬間を切り取ることが必要なシューティングゲームにも必要な耐久性とレスポンス、操作性が備わっているのでベストチョイスだろう。

ちなみに座椅子とちゃぶ台は筆者の趣味だ。

座椅子とちゃぶ台

ゲームセンターでプレイしたことのある人なら「もっとジョイスティックのコンディションが良かったらなあ」とか、「見やすい位置のモニタがいいな」なんていう欲求を少なからず感じたことがあるはずだ。(昭和のゲーマーならなおさらかもしれない)

これだけの環境を再現できるようになったのは良い時代だなあと感慨にふけってしまった。

まずは普通のセッティングでプレイしてみる。十分楽しい

まずはこの環境で「普通に」プレイしてみた。

1943 1943をプレイ

当たり前なのだけれども、快適すぎるし納得して構築した環境なので言うことは無い。これよりももっと良い環境を既に構築している読者も、もちろん多いだろうとは思う。こだわって作り上げた自分のプレイ環境で過ごす時間の楽しさはひとしおだろう。

今回の『1943』はカプコンの代表的な縦シューティングゲーム。開祖となる『1942』から大きく進化を遂げ、様々な武器が選べるようになった上に強力なボスが登場する構成となっている。

1943をプレイ

現在のシューティングゲームの原型になっているタイトルと言えるが、弾幕は今ほどではない。シンプルに弾除けを楽しめるようになっているので、旧きも若きも楽しいはずだ。

とは言いつつも、やっぱり当時より先には進めず2面ボスに辿りつく前に撃沈……。

1943をプレイ

道中の武器選択を誤ったのが敗因だ。「トレーニングモード」で要練習かもしれない。

1 2次のページ
access_time create folderゲーム

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧