結局ネットでバズるのは「ネコ」と「メシ」なのか #バズった #バズるかも

access_time create folderエンタメ

ガジェット通信で人気の記事カテゴリー、「ネットで話題」。リストに表示される記事を見ていくと、炎上ネタや芸能人・著名人の話題に混ざって“動物”や“グルメ”の話題が見られ、記事ランキングでも人気を集めていることが分かります。

ネコや犬など動物の話題、「バズレシピ」に代表されるグルメネタは、ネットでバズる定番ネタとして知られています。特にネコの話題は、「ネコ動画のニュースがページビュー(PV)を稼ぐ」という現象について問題を提起した書籍『ネコがメディアを支配する ネットニュースに未来はあるのか』が2017年に刊行されたほど。

この記事では、ガジェット通信で過去に人気を集めた「動物(ネコ)」の記事と「グルメ(メシ)」の記事をピックアップして紹介。これまでバズった記事の傾向を分析してみます。結局ネットでバズるのは「ネコ」と「メシ」なのでしょうか。

この記事は、これからネットでバズるクリエイターやコンテンツを発掘するサントリー「#バズるかも プロジェクト」の提供でお届けします。

ガジェット通信では“柴犬”が人気!

「ネコがバズる」というのは事実ですが、ガジェット通信では“柴犬”の記事が人気。見ていて癒される、柴犬たちの日常を切り取ったツイートの数々を紹介して人気を集めています。

柴犬が「行かぬ」をした結果→「こうやって運んであげます」「不本意なり。って顔してますね」
https://getnews.jp/archives/2664517

「毎日庭に柴犬が落ちてます」 ツイート投稿に「拾いたいっ」との声続出
https://getnews.jp/archives/2519243

柴犬がトイレで寝ないように“トイレを半分サイズ”にした結果→「絶対トイレ派」「無理やり寝やがった…やるな…」
https://getnews.jp/archives/2766340

日頃お世話になっている人気柴犬アカウントの皆さんにお礼に行ったことも。ガジェット通信が柴犬の紹介に力を入れていることが、お分かりいただけるのではないでしょうか。

柴犬と夢のお散歩同行! 白柴チョビさんに会ってきたぞぉぉぉっ!
https://getnews.jp/archives/2509053

柴犬たちにメロメロ! 人気柴犬アカウント「黒柴りつ」さんに写真使用許諾の御礼に行ってきたぁぁあああッ!
https://getnews.jp/archives/2366716

自分で試したくなる“バズレシピ”が人気に

グルメ記事でバズったのは、「2ちゃんねる」で話題になったスレッド「カップラーメンの美味しい食べ方を極めたからちょっと来い!!!」で紹介された食べ方を、実際に試して紹介した記事。まだ画像付きツイートも自動投稿できなかった2011年の記事ですが、読んで自分でも試してみたくなる内容から、記事自体が大変バズったことを記憶しています。

話題の「マジで美味いカップラーメンの食べ方」を試したよ!
https://getnews.jp/archives/109933

その後、ネットではTwitterに写真と作り方をツイートするバズレシピの投稿が活発化。特にガジェット通信では“素麺で作る塩ラーメン”と“絶品バタートースト”の記事がバズりました。こちらも、見た人が実際に試してみたくなるのがポイントなのではないでしょうか。

素麺で「塩ラーメン」を作る方法とは? 「素麺だけどもはやラーメン」「めちゃ簡単でまじ旨い」
https://getnews.jp/archives/2540638

フライパンで「絶品バタートースト」を作る方法とは? 「いつもの食パンが極上になる」「トースターより簡単でおいしい!」
https://getnews.jp/archives/2366633

ちなみに、「動物」×「グルメ」の掛け合わせを話題にした記事も人気を集めました。

可愛すぎて食べられない!? 母の作ったトイプードルおにぎりが話題に
https://getnews.jp/archives/2546468

次にバズるネタは何? サントリーが募集中

「ネコ(犬)」と「メシ」がバズるのはガジェット通信でも同様でした。それでは、これからバズるネタはどんなものがあるのでしょうか。サントリーは、これからネットでバズるクリエイターやコンテンツを発掘する企画「#バズるかも プロジェクト」をスタートします。

「#バズるかも プロジェクト」は、Twitterアカウント( @buzzrukamo )がこれからバズるクリエイターやコンテンツを広く公募。募集期間の7月21日(水)から22日(木)23時59分までの間、応募ツイートに回答したりリツイートして、集まったクリエイターやコンテンツを紹介していきます。応募で集まったクリエイターは審査を経てサントリーが交渉し、合意した採用者にお仕事として「デカビタC」の広告制作を依頼します。

クリエイターやコンテンツは自薦・他薦を問いません。審査通過クリエイターには20万円を進呈する他、他薦の場合は推薦者にも抽選で副賞の1万円をプレゼント。読者の皆さんの推しクリエイターやコンテンツが有名になるかもしれないチャンスなので、積極的に参加されることを強くオススメします。次のバズを生み出すのはあなたかも!? 

サントリー「#バズるかも プロジェクト」開催概要
サントリーがTwitterにて、「まだバズっていないけど、これからバズるに違いない、バズるかもしれない」クリエイターを募集します。自分の推しを推薦する(他薦)もよし、自分で手をあげる(自薦)もOKです。
サントリーと審査員とで選考させていただき、選ばれたクリエイターの方にはこの夏の「デカビタC」の広告制作をお願いしたいです!

選ばれたクリエイターの方には1人あたり20万円、そのクリエイターの推薦者の中から抽選で1名の方に1万円の賞金をお渡しします。

<キャンペーンの参加方法>
 Twitterで以下を記載し投稿してください。
① @buzzrukamoをフォロー
②「この人、多分バズる!」と思うクリエイターのTwitterアカウントをメンション(@〇〇〇〇)
③その人がバズると思う理由(作品の素晴らしさ)を記載
④  「 #バズるかも」+「#自薦 or #他薦」つける
  ※自分をお勧めしたい場合は「#自薦」、誰かを推薦する場合は 「#他薦」をつけてください!

詳細は以下のキャンペーンサイトをチェック!

キャンペーンサイト
https://www.suntory.co.jp/enjoy/buzzrukamo

「#バズるかも プロジェクト」Twitter
https://twitter.com/buzzrukamo

access_time create folderエンタメ

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧