スマートホーム化|照明を最大限活用する方法とオススメアイテム

access_time create folderデジタル・IT
スマートホーム化|照明を最大限活用する方法とオススメアイテム

普段何気なく利用しているおうちの照明を、スマート化するとどんなふうに便利になるのでしょうか。たとえば暗がりの中手探りで押すスイッチ、消し忘れて帰るまでつけっぱなしの明かりなど、日常の小さなストレスが解決するとしたら?

しかしいざ始めるとなると、「お金や手間がかかるのでは?」という不安もでてくるかもしれません。実際先行投資にはどのくらいが必要になるのかも含めて、照明のスマートホーム化に疑問の方に解説します。メリットや具体的な方法もあわせて紹介するので、この記事を読んで興味を持った方はぜひスマート照明の導入を検討して見てください。

次ページ >照明をスマート化するメリットは?

照明をスマート化するメリットは?

以下でいくつかメリットをあげてみました。

・布団から出なくても照明をオンオフできる
・いちいちリモコンを探す苦労から開放される
・「おはよう」「おやすみ」等自分の声に照明が反応
・消灯時間を設定すれば自動でオフになる

スマート化することで、リモコンやスイッチを一元管理できるため、すべてが手元で操作できます。遠隔操作、外出先からのオンオフできるので、外出で照明を付け忘れた時も安心です。
また、AlexaなどのAIスピーカーがあれば音声での操作も可能。思いきってスマートホーム専用の照明器具を導入すれば、細かな時間設定や明るさの調整、他の家電との連携もお手の物です。

次ページ >手持ちの家電でも照明のスマート化は始められる?

手持ちの家電でも照明のスマート化は始められる?

照明のスマート化で気になってくるのは、専用の照明器具が必要なのかという点です。新たに買い替えるとなると、今使っているものがまだ使えるのに捨てるという、もったいないことになりかねません。しかし、赤外線で繋がっているものなら既存の照明器具をそのまま使えるのです。
もしスイッチ操作しかできないものでも、スイッチボット(ロボットアーム)をスイッチとの間に挟むだけで遠隔操作ができます。そのほかにも、器具とソケットの間に赤外線受信機を挟めばリモコン操作が可能になる場合もあります。

方法①リモコンをスマート化する

今お使いの照明がリモコンつきの照明器具なら、スマートリモコンを導入するだけで一元管理ができ、あちこちに散らばるリモコンをスマートフォン端末1つで操作できます。小さなリモコンはすぐどこかに行ってしまいますが、自分のスマートフォンなら所在が確認しやすいから手間を取ることもありません。
スマートリモコンの代表的なものではGlamo社の「iremocon」やRATOC Systems社の「スマート家電コントローラ」LinkJapan社の「eRemote」が挙げられます。
スマートリモコンの注意点としては、操作できる範囲が一部屋に限られること、そして外出先で操作する機能はオプション料金のかかる場合が多いことです。

方法②スイッチをスマート化する

リモコン式ではないものでも、スイッチ部分にアイテムを取りつけるだけでスマート
化ができます。
「スイッチボット」は、スマートフォンで遠隔操作して自分の代わりに照明の電源スイッチを押してくれる、小型の指ロボットのようなものです。
スイッチをスマート化するメリットは何と言っても安価で手軽に照明がスマート化できることです。スイッチボットは一つ数千円で購入でき、しかも両面テープで部屋の電源スイッチに貼りつけるだけ。もちろんスイッチボットはON/OFFを遠隔操作できるのみで、照明の細かいトーンや色調は変えられないこと、加えて2年ごとに電池交換する必要があることは注意です。

方法③スマート電球、スマート照明(シーリングライト)を購入する

以上のように、もちろん既存の照明器具でも可能ですが、スマート化に特化した電球なら、より便利な生活が実現できるでしょう。
スマート照明は照明自体に制御できる機能が搭載されているため、家のインターネットと接続すれば外出先での操作も簡単。
また、AlexaなどのAIスピーカーと連動させることで、音声での操作やよりキメ細やかな動作が期待できます。たとえば、人感センサーなどは玄関等に取り付ければバリアフリーやセキュリティ面でも役立ちます。
スマート照明を選ぶときの注意点は、天上に直接貼りつけるシーリングライトが日本では主流ですが、海外ではバルブ型(丸い電球)が多いので海外製品を選びづらいことです。
たとえば、ソニーの「マルチファンクションライト」はシーリング型ですが、3万円近くするため、相場より少し高額になります。スマート機能の付いたシーリングライト相場も5,000円以上かかるので、シーリングライトのスマート化は本格的に進めたい人向けかもしれません。
こちらもオススメ
https://www.iedge.tech/article/15692/

 

この記事では、照明をスマート化するさまざまな方法について紹介しました。予算や状況に合わせてスマート化は実現可能です。ぜひ生活に取り入れてください。

次ページ >低予算で実現可能なアイテムとは?

低予算で実現可能なアイテムとは?

以下にアイテム数と費用が少ない(安い)順で並べてました。

①スイッチボット
②スマートリモコン
③スマートシーリングライト
④AIスピーカーをプラス

価格的にも手に入りやすいスイッチボットを寝室に設置するところから試してみてはいかがでしょうか。

この記事では、照明をスマート化するさまざまな方法について紹介しました。予算や状況に合わせてスマート化は実現可能です。ぜひ生活に取り入れてください。

Copyright © 2021 iedge All Rights Reserved.


関連記事リンク(外部サイト)

包み込まれるような音楽体験が可能!ソニーの360 Reality Audio対応スピーカー2機種が発売
似ているようでみんな違う!ahamo、povo、LINEMOの料金と機能から選び方を解説
もはや性能はノートパソコン超え!?新型iPad Proが予約開始

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
iedge

iedge

最新IOTテクノロジーを用いた防犯セキュリティーシステムや家電設備を搭載したスマートホーム(スマートハウス)情報をお届け。まだ日本では未発表のアプリやデバイス/ガジェットも全公開します。

ウェブサイト: https://www.iedge.tech/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧