ドラマの1話とは思えない大迫力シーンの連続に驚き! エンドゲーム後のリアリティにも迫った『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』第1話レビュー

access_time create folderエンタメ

“世界で今最も人気があるドラマシリーズ”にも選ばれ大ヒットを記録した『ワンダヴィジョン』に次ぐ、マーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズ第2弾『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』。先週よりスタートし、本日16時から第2話が配信されます。

先週、意気揚々と第一話を鑑賞した筆者。MCUで一番推しのキャラクターがウィンター・ソルジャーということもあり(同率、ロケットさん)たまらないポイントが盛りだくさんでした! 確信に迫るネタバレ無しのレビューですが、作中の内容は出てきますのでご注意くださいませ。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のラストシーンから直結する本作。伝説のヒーローともいえるキャプテン・アメリカから、盾を譲り受けたファルコン。そしてその様子を優しく見守っていたバッキー(ウィンター・ソルジャー)。この2人が主役となるドラマシリーズということで、期待はバビンバビンに高まっておりました。

そして、いざ第1話を観た感想。まず思ったのは「ドラマシリーズの中の、1つの回ですよね?これ!」。冒頭から驚くほど映像がダイナミック、パワフル、豪華! 映画の様なシーンの連続でテンションがめちゃくちゃ上がりました。この数分で映画1本作れちゃうレベル…。

そこから、ファルコン、ウィンター・ソルジャーそれぞれの日々の暮らしが描かれていきます。『ワンダヴィジョン』でもそうだったのですが、ファルコンもウィンター・ソルジャーも個性と魅力がたっぷりなキャラクターですが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』などではどうしても一瞬の登場シーンになってしまいますよね(それは仕方ない!)。ドラマだとじっくり2人の姿を見て、声が聞けるのが、まず嬉しい! 

ファルコンは明るくて頼れて多言語を話せる能力の高さ、人気者っぷりが伺えますし、バッキーはまさかのマッチングアプリを活用していたなどお茶目な一面も。一方でバッキーがどれだけ過去の悪夢に囚われてきてきたのか、そのコントラストに第一話目から泣かされます。

また、<ヒーローが戦って悪を倒したのは良いものの、その時に壊れた建物は街はどうなってしまうの?>といった、観客の疑問を自ら回収していった『アベンジャーズ』シリーズの様に、今回も<実際の所、アレはどうなの?>という疑問をしっかりと描いてきました。それが辛くもあるのですが……リアリティに手を抜かない所が、本当に素晴らしいなと。

本日第2話が配信されるわけですが、前回からの続きが気になって仕方ありません。『ワンダヴィジョン』の様に、話数ごとに尺も変わってくると思うのですが、どの様に私たちをワクワク・ビックリさせてくれるのでしょうか!

最後に皆さんに問いたい。あなはバッキー短髪派?長髪派?

【関連記事】“新バディ”ファルコンとウィンター・ソルジャーの これまでの関係性を振り返り
https://getnews.jp/archives/2967742 [リンク]

(C)2021 Marvel

access_time create folderエンタメ

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧