使用済の箸をリサイクルした家具を製造・販売するカナダのスタートアップ「ChopValue」

access_time create folder生活・趣味

サステイナブル(sustainable)や、持続可能性(sustainability)という言葉が日本でも定着しつつあります。

その言葉を身近に実感できるのは、スーパーなどでの買い物にプラスチックバッグではなくエコバッグを使うようになってきたことでしょうか。

また、日本のプロ野球(NPB)と連携して、折れた木製バットから箸を作っている会社がありますが、これもサステイナブルな活動と言えます。

カナダの「ChopValue」というスタートアップは、使用済の箸をリサイクルした家具の製造・販売を行っています。

From Chopsticks to a SMILE(YouTube)
https://youtu.be/RGypZFIZHtU


https://twitter.com/wef/status/1351242956720664576

「ChopValue」と提携するカナダやアメリカのレストランから使用済の箸を回収→洗浄→消毒→加熱→プレスというプロセスを経て木製タイルとなります。こうして出来上がったタイルは、オーク材より強く、メープル材より硬く、チーク材と同程度の耐久性があるということです。

この投稿をInstagramで見る ChopValue(@chopvalue)がシェアした投稿


https://www.instagram.com/p/CMAndgBgVDi/

使用済の箸が木製タイルとなり、最終的にはこういった家具に生まれ変わります。家具一覧は下記リンクからご覧いただけます。

Full Collection
https://chopvalue.com/collections/all[リンク]

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=RGypZFIZHtU

※ソース:
https://www.weforum.org/agenda/2021/01/recycle-chopsticks-furniture-circular-economy

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧