体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

au冬の本命なるか! htc渾身の一作『HTC J butterfly』

htc j butterfly

11/20(火)、ザ・プリンス パークタワー東京にて“「HTC J butterfly」プレスイベント”が行われた。

27枚すべての写真が表示されない場合はこちらへどうぞ

「ひとめ惚れの予感」をさせるこの『HTC J butterfly』、早くも冬モデルの大本命との呼び声も高い。

htc j butterfly

HTC Corporation CEOのピーター・チョウ氏、KDDI株式会社 代表取締役社長 田中 孝司氏ら直々にプレゼンを行ったこのイベントを通して『HTC J butterfly』(以下 butterfly)のどんな部分が魅力であるのかをお伝えしたい。

HTCピーター・チョウ氏、KDDI田中氏 htcj butterfly 背面

「ユーザーエクスペリエンス」

今回の発表会で、最も使われた言葉のひとつとして「ユーザーエクスペリエンス」というワードが挙げられる。
以前の発表では、そのカタログスペックが取り沙汰される事が多かった『butterfly』だが、その実、スペックすべてにおいて「使う人のここちよさ」を第一には設計されたという説明が今回細やかに行われた。

乃木坂46

ユーザー第一に考えた、というのは具体的にどんな部分だろうか。

乃木坂46

使いやすさのために設計から根本的に見直したデザイン

「パーフェクトフォルム」と称される『butterfly』は5インチディスプレイを搭載しながらも非常に薄い。一番厚みのある中心部でもおよそ9.2mm。そこから両端に向けて徐々に薄くなっている。

真横から

記者が実際に手にして思ったのは「スマホっぽくない重さ」とフィット感であるという点。iPhone4やiPhone5がエッジを効かせたデザインで、iPhoneらしい“リッチな重量感・質感”を感じさせているとしたら、『butterfly』は全く違うベクトルで“デザイン”されていると言えそうだ。「デバイスそのものが個性を放つ」というよりも「デバイスが人に合わせて形を変えてきた結果のデザイン」という表現が妥当だろう。

真上から(SIM、microSDHC挿入口)

画面は非常に広いのだが、その大きさに比例して重くはなっていないため、相対的に軽さが際立ったとも言える。そしてディスプレイのエッジと背面の丸みのおかげで、握った時に「落とさないように」と意識することがない位、自然に支えることができた(と、後から気づいた)。「手に吸い付く」という表現は決して大げさではなかった。

また、従来のHTC機種は「液晶・基盤・電池」という構造で構成されていたのだが『butterfly』では少しでも薄さを稼ぐために、この順番が変わっており、「液晶・電池・基盤」の順番で積層されている。

横から

ただしその代償として、本機種では電池交換は出来なくなっている。薄くなり気密性が高まったが、予備電池との交換は出来ないというわけである。しかしながらその点を割り引いても余りある仕上がりである。

エッジ部分

見やすく美しい画面にするための「5インチ・フルHD」だが、画面が広くなればなるほど「握りやすさ」や「グリップ感」は落ちる。HTCはディスプレイのフレーム(すなわち全体の横幅)を削り、そして全体の厚みを極限まで削ることで「矛盾」を減らしたと言えそうだ。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。