高須克弥院長「また会えるね。待っててね」と野村克也さんを追悼 「先生は長生きしてください」とのメッセージ相次ぐ

access_time create folderエンタメ

2月11日、元プロ野球選手の野村克也さんが未明に亡くなったと報じられた。84歳だった。
日本プロ野球を代表する選手・監督であり、解説者としても活躍し「ノムさん」の愛称で親しまれた野村さん。SNSでは追悼のメッセージが相次いでいた。

タレントのデーブ・スペクターさんは

野村監督が亡くなりました。一度沙知代夫人と3人で食事させていただきましたが、社交辞令もなくそれがさっぱりしてました!言葉は乱暴でも愛があっていい!実績のあるぶっ飛んだ野村さんのようなレジェンドがいないと野球界はつまらない。ご冥福を祈りします。

とツイート。
高須クリニックの高須克弥院長は

ノムさんが死んだ😢⤵️⤵️
僕の奥さんが死んだとき「奥さんが死ぬと旦那は後を追うから大事にしなさい」とサッチーと慰めてくれた。
いい夫婦だった。
ノムさん、歌もうまかった。
「まだくたばらないぞ🎵俺たち」
また会えるね。待っててね。

とツイートし、いずれも多くの「いいね」を集めていた。
高須院長に対しては、がんであることを公表し6日に手術を行っていることもあり、ユーザーから

「先生長生きしてください」
「野村克也さんが亡くなられた事も、高須先生のツイートも泣けます。 高須先生、長生きして下さい」
「高須先生は野村克也さんの分まで長生きをしてくださいね」
「ノムさんとお会いになるのはまだまだ先であって頂きたいです。 高須先生、長生きしてください」

と、長生きしてくださいといった返信が多数寄せられていた。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧