ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ディープすぎる函館の穴場へ。地元大学生が愛する隠れた名店&温泉銭湯

ディープすぎる函館の穴場へ。地元大学生が愛する隠れた名店&温泉銭湯

こんにちは。函館学生フリーペーパー『SPOT』編集部の千田です!

みなさん、函館といえば何を思い浮かべますか? 函館山からの夜景、五稜郭公園、金森赤レンガ倉庫群など、定番の観光地が有名ですよね。

しかし! ここで私たちは言いたい。
函館の本当の面白さは、そんなど定番観光地を回っているだけでは気づけません。地元の人しか知らないディープスポットを含めてこそ、函館の魅力だと思うのです!

今回は、地元に住んでいる私たちだからこそ紹介できるおすすめのスポットを、1泊2日観光コースでご紹介します!

東京からだと、JR東京駅から新幹線で約4時間、JR新函館北斗駅へ。さらにはこだてライナーに乗り換えて約15分乗車すると、函館駅です。東京駅を始発で出ると、お昼頃には函館に着けちゃいます!

電停「新川町」

新鮮な海産物がズラリ。はこだて自由市場

JR函館駅中央口を出てまっすぐ進むと現れるのが、函館市電の函館駅前電停。ここから湯の川方面の市電に乗り込みます。

今回の旅は「市電1日乗車券」(600円)で函館探訪を楽しみます。函館市電に1日3回以上乗る場合はこちらを購入した方がお得!

市電1日乗車券は、コンビニや宿泊施設などのほか、市電車内で運転士さんから購入することができます。

運転士さんに声をかけるときは、かならず停車中にしましょうね。

函館駅前電停

函館の市電が生まれたのは、遡ること大正2年。100年以上の歴史を持ち、観光客はもちろん、この街で暮らす人にとってもなくてはならない存在なのです。

函館駅前から6分、新川町電停で下車。電停をおりて道路を渡ったらすぐに「はこだて自由市場」の看板が目に入ります。まずはここでランチをいただきます。

はこだて自由市場

一歩入って驚くのはお店の多さ。長〜〜〜い通路に沿って、いくつものお店が立ち並びます。

待ってましたと出迎えてくれるのは、海の幸、海の幸、たまに山の幸。とにかくこの物量に圧倒されること間違いなし。
はこだて自由市場

活気あふれる一軒一軒

そして安い! はこだて自由市場は「市民の台所」として愛されているスポット。お財布に優しい価格で絶品をいただけるのです!

ランチは市場内にある食事処「市場亭」で。

海鮮ミニ三色丼 朝獲れたばかりの新鮮な海産物。たまらないです! 海鮮ミニ三色丼のイカ丼

海鮮ミニ三色丼のイカ丼

取材時(6月5日)はイカ漁解禁2日目とあって、とにかく活きが良い! 見てください、新鮮なイカの芯の強さ! 簡単にはへこたれません。

食べたら「こりっこり」と音が鳴ります。やっぱり函館のイカはこうでなくちゃ。

腹も心も満たしたあとは、再び新川町電停から、函館どつく前方面の市電に乗り込んで、次なる目的地へ!

電停「函館どつく前」

遠い国、海の向こうへ想いを馳せる場所

箱館ハイカラ號

運が良ければ、箱館ハイカラ號に乗ることができます!

新川町から約18分、箱館ハイカラ號(ごう)に乗って、終点の函館どつく前電停までやってきました。

そこから徒歩10分ほど、やってきたのは「外国人墓地」です。どうして観光でわざわざ墓地へ? そんな疑問はまず置いて、とにかく坂を上るべし。

長い坂を上ると、江戸末期に日本にやってきた外国人たちが静かに眠る墓地群が現れます。
ハリストス正教会墓地

外国人墓地の一角にある「ハリストス正教会墓地」

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき