トミーの「ウォーターゲーム」がアートになった

access_time create folder生活・趣味

昭和世代の方であれば、トミーの「ウォーターゲーム」はご存知かと思います。ボタンを押して水流や水圧を発生させることで、ボールを移動させたりするなんともレトロなゲームです。ファミコンなどが登場する前の時代のおもちゃですが、「家にウォーターゲームあったよ」という人も多いことでしょう。

そのウォーターゲームのギミックを利用してアートにしてしまった人がいます。イスラエルのテルアビブを拠点とするアーティストのLiya Jacobiさんがその人です。

この投稿をInstagramで見る Liya Jacobiさん(@jacobiliya)がシェアした投稿 – 2019年 4月月18日午前11時35分PDT

https://www.instagram.com/p/BwaDjEfAP8t/
リンゴが木の周りを浮遊する「アダムとイブ」。

この投稿をInstagramで見る Liya Jacobiさん(@jacobiliya)がシェアした投稿 – 2019年 7月月16日午後11時01分PDT

https://www.instagram.com/p/B0Ac1ibg_wS/
無重力空間を宇宙飛行士が漂う「スペース(宇宙)」。

この投稿をInstagramで見る Liya Jacobiさん(@jacobiliya)がシェアした投稿 – 2019年 4月月4日午前7時56分PDT

https://www.instagram.com/p/Bv1niH5ArIH/
プレキシガラス製の作品は、サイズが60×80×20センチという大きさ。17リットルの水中にあるオブジェクトは全て3Dプリントで出来ています。リンゴや宇宙飛行士などは、水中で上手く浮遊するよう何度も重さの調整がされたそうです。

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/Bz_h6P1FjLF/

※ソース:
https://www.jacobiliya.com/waterful

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧