ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『旅のおわり世界のはじまり』 黒沢清監督インタビュー“まずは全面的に人を信じて、それに乗っかってどんどん挑戦していくべき”

ジャンルを問わず実に多彩な作品を手がけ、その独特な視線が国内外で高い評価を誇る黒沢清監督。中央アジアに位置するウズベキスタンに1ヶ月間滞在して撮影した最新作『旅のおわり世界のはじまり』の主人公は、テレビ番組のロケでウズベキスタンを訪れた若い女性レポーター。彼女が異国の地で閉ざした心を少しずつ開き、成長していく姿を、まるでドキュメンタリーのように描いている。6月14日の公開を前に、ウズベキスタンで映画を撮ることになった経緯や主演の前田敦子の魅力、さらには映画づくりへの想いまで、黒沢監督に話を聞いた。テレビクルー役で脇を固める加瀬亮、染谷将太、柄本時生の演技にも注目。

――ウズベキスタンを舞台にした本作の企画は、どのような経緯で実現したのですか?

黒沢清監督「『ウズベキスタンで映画を撮りませんか?』というオファーから始まりました。おそらく日本ではあまり知られていない国ですが、ウズベキスタンの方たちは日本に限らず、いろんな国の人に自国について知ってもらいたい、観光に訪れてもらいたいという思いがあるようです。どうして僕に話が来たのかはわからないのですが、現地で映画を撮って、日本の観客に少しでもウズベキスタンを知ってもらいたいということだったようです」

――その時点では、ウズベキスタンについてどのようなイメージをお持ちでしたか?

黒沢監督「ウズベキスタンと言われても、すぐにピンとは来ませんでした。ただ、僕は昔から映画とは関係のないところでシルクロードや中央アジアの歴史などに興味があり、いろんな本を読んでいました。ですので、サマルカンドとかタシケントという地名にはすぐに反応して、一度行ってみたいという思いから引き受けました」

――ロケハンのために現地入りする前に脚本を書かれたそうですね。

黒沢監督「決定稿ではないのですが、大体どんな物語にするかはロケハンに行く前に書きました。なんとなく漠然と行って、そこから何か物語をひねり出すという方法もあるのかもしれませんが、僕はある程度予想を立てて、この物語だったらあり得るんじゃないかと想像して、そのベースを持って現地入りしました。ウズベキスタンには行ったことがなかったのですが、映画祭などでいろんな国に行ったことがあるので、何も知らない国にいきなり行ったらどうなるかは何となくわかっていました。まずは自分の経験をベースにして、この物語だったらあり得るかなと考えたのです」

――その時点で、テレビクルーが番組のロケでウズベキスタンに行くという設定も決めていらしたのですか?

黒沢監督「ざっくりと決めていました。全然知らない国ですし、その国に深く関わるということは多分できないだろうと思ったのです。でもテレビクルーだったら、僕が映画祭で呼ばれるのと同じように、“行きたいから行った”というよりは、“呼ばれたから行った”ということにできる。その国にものすごい興味があって行ったというよりは、仕事で仕方なく行って、だからこそ未知なものに突然出会ってびっくりしたり、魅力を感じたり、あるいは本当に些細なことが怖く思えたり、そんなことがあるのではないかと思いました」

――本作では外部から与えられる恐怖というよりも、未知に対する恐怖や、自分の中から生み出される恐怖が描かれていたのが印象的でした。

黒沢監督「僕がそうなのですが、知らない外国に行くとすごく用心深くなって、じゃあ出歩かなければいいのに、やっぱりついウロウロしてしまうんですよね。人が親切に話しかけてきても警戒して、『地球の歩き方』だけを頼りに突っ込んで行くという(笑)。笑っちゃうんですけど、本人にとっては一大事。主人公を中心にそのことを描いていけば、端から見れば笑ってしまうようなことでも、観ている観客は彼女と一体化して、小さなことにハラハラドキドキしながら最後まで観ていただけるかなと思って、このような作りにしました」

――前田敦子さんとは『Seventh Code』『散歩する侵略者』に続く3度目のお仕事ですが、彼女を主人公の葉子役にキャスティングした理由は?

黒沢監督「葉子は見知らぬ外国に行って孤立しています。さらにはテレビクルーという仕事仲間の中でも、仕事として自分の役割はこなしつつ、それ以上の関係はあえて持たずに、自分の中だけで一線を引いて孤立しているんです。それはある種の強さでもあるし、そこが弱点でもある。たくさんの中にいても一線を引いている感じが自然に立ち込める若い方というと、やはり前田敦子以外にないと思いました。それはAKB時代に大勢の中にいながら常にセンターにいて、ある意味で孤立していた経験からくるのかもしれませんし、こちらの思い込みもあるのかもしれません。決して本人はそういう人間ではないのですが、彼女の強さと孤独感には独特なものがあります。周りに誰も友だちがいないような見知らぬ場所に置くと、その独特な孤立ぶりが際立つと思ってキャスティングさせていただきました。彼女は『そんなに私、孤独じゃないんですけど』と言っていたので、やはりこちらの思い込みもあるんでしょうけどね(笑)」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき