ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

知らなきゃよかった!? 人気番組でボツになった裏ネタ15連発!

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野です。

時々テレビなどに出演させていただいているんですが、以前出演依頼のあった番組に『中居正広の身になる図書館』がありました。

「“あ~知らなきゃよかった!”というネタを出してください!」とプロデューサーさんに言われネタ出ししたんですけれども、「あぁ……これは、ちょっと放送できないですね……」と言われてしまい、そのときは出演自体が流れてしまいました。

本日は、その“知らなきゃよかった!”という裏社会ネタを公開したいと思います!

“知らなきゃよかった”裏ネタ!

1.温泉混浴詐欺に騙される男性は毎年いる

男の哀しい性につけ込むくだらない詐欺だが、必ず毎年引っかかる男性が複数いる。サイトで温泉混浴ツアーを名乗り、バス代金と旅館宿泊費、夕食代などの参加費用10万円を振り込ませ、参加日時にバスのターミナルで待たせるも、まったくバスがやってこないというつまらない詐欺。

2.110番通報の多くが、事件性のないとんでもない通報

嫁姑問題を相談されたり、タクシー代わりにパトカーを使おうとしたり、ゴキブリが出たから助けに来いと電話したりする通報者が急増中。

3.右翼の街宣車乗組員の中にはバイトがいる

数人の小さな政治団体では、ビラ配りなどを行うアルバイト乗組員を募集。バイト求人の謳い文句は「あなたも政治問題に取り組んでみませんか?」や「バス運転手募集」など。

4.汁男優を束ねるリーダーのことを“汁頭(しるがしら)”という

一般公募で集められた男優にギャラを払ったり、まとめたりするリーダー格のことを汁頭という。

5.ヤクザ見習いの電話番は、声だけで相手を判断しなければならない

「おい、ワシや」という声で瞬時に判断しないと、殴られる。「あのう、“わしさん”からお電話です」と言った新人の笑い話まである。もちろんそのあとはめちゃくちゃ怒られる。

過食、大麻、ニセ募金!

6.過食症を入院治療する病院では、芋の甘露煮ひとつでケンカになる

治療中の病院食でも吐いてしまう過食症患者は、一日中腹を空かせた飢餓状態になっている。眼光が鋭くなる食事タイムはまさに戦場。芋の甘露煮ひとつをめぐってケンカになるというのだ。ちなみにこのケンカ、特に女性たちに多い。

7.迷惑なスパムメール専門のコピーライターがいる

いったい誰が書いているんだろうと頭をひねってしまうような内容のスパムメール。実際は、飯が食えないプロのライターや文章修業中のライター志望者が書いていることが多い。

関連リンク:裏社会インタビュー:「スパムメール職人」に話を聞いてみた
https://getnews.jp/archives/2149560 [リンク]

8.関西某市で大麻の栽培がおばちゃんたちの中で流行ったことがある

兵庫県川西市で、麻薬取締官が困ってしまった事件。おばちゃんたちが栽培したり、種を分け合った理由は「すっごいキレイやから!」

9.ニセ募金で道端に立っているヤツらは、ひとりのときは托鉢している

ひとりで募金活動をしていると、かなり不自然なので、ひとりのときは托鉢でしのいでいる。ちなみに災害のときにニセ募金をつのると、普段の10倍ほど稼げるという。

10.計画倒産で頭をさげる社長の影武者のことを“恐縮屋”という

倒産劇の中で、金策に走り回っているフリの社長の代わりに債権者会議場で頭をさげるのが恐縮屋。殴る蹴るという暴行に耐え、傷害事件にしてしまい、そのまま債権者に債権放棄させてしまう手口を使う。

関連リンク:裏社会インタビュー:計画倒産を手助けする「女恐縮屋」に話を聞いてみた
https://getnews.jp/archives/2148779 [リンク]

スポンサーを刺激しないように……なの?

11.スタントマンの危険手当は、火だるまになっても100万円

夜の海に飛び込んで3万円、階段を転げ落ちて5万円、火ダルマになって100万円。

12.大手損害保険会社の調査係の退職率は75%

とてつもないクレーム処理量、ほとんどケンカになるような過失割合の掛け合い、ヤクザまがいの修理工場、事故に巣食う示談屋からの脅しに耐え兼ね、離職してしまう。重度のうつ病になる人間も……。

13.借金癖がある身内に借金させない方法がある

ローン等の借り入れ状況を把握し、審査を迅速化、過剰な貸付を抑止するためにある全国33ヶ所にある信用情報センター。ここへ借入自粛登録すると、5年間、金融業者の貸し出し審査が厳しくなる。このセンターに出向き、手続きを行う家族や恋人同士などの間では、毎日修羅場のようなやりとりが繰り広げられている。

14.全国にある違法カジノの店舗の存在を、出入りする業者は知っている

内装屋、パソコン屋、ネット回線工事業者、レンタルおしぼり、ドリンクバーの装置を持つ飲料メーカーの人間は、違法カジノ店に出入りする機会が多いので、その存在を知っている。お客様なので、ただ通報しないだけだ。

15.とある運送会社に行くと壁に高校野球の試合表が貼ってあって、公然と賭博が行われている

夏場になると、当たり前のように、高校野球賭博の準備がはじまり、運転手同士が目をギラつかせながら、テレビを観ている。

いかがでしたか?
地上波ではやっぱりダメなんでしょうか?

(C)写真AC

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 丸野裕行) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき