立憲民主党・川内博史議員が話題の「鉄1トン1万円、オスプレイは15トンだから15万円」発言について説明

access_time create folder政治・経済・社会

立憲民主党の川内博史衆議院議員の発言が現在SNSを中心に話題となっている。


トランプを平和賞に推薦!世界から失笑・嘲笑される日本の恥・アベを倒そうー川内博史「立憲民主党」衆院議員 2019 03 02
https://youtu.be/gINvJUboxEY[リンク]
(3:30くらいから)

過日の

オスプレイって重さ15トンなんですけど鉄1トンはオーストラリアで買うと1万円です。
それが15トンですからホントは15万円ですよ。
いろいろ加工して、人手がかかっているから、いくらかは付加価値がつくかもしれないけど、15トンの鉄の塊は15万円なんです。だいたい。それがなんで200億にもなるの? と。どこがどうなったら200億になるんですかと、全部皆さんに請求書が回るんです。

という発言の動画が、まとめサイト等もとりあげるなどして拡散される。さまざまな方が、この発言について『Twitter』で言及し、「オスプレイ」がトレンド入りする事態となっていたようである。

川内議員は、3月11日の16時頃、

私のオスプレイ発言が話題になっていますが、鉄の塊15トン15万円が、なぜ200億円になるのか?経済的には、それを付加価値と呼ぶ訳ですが、その付加価値なるものの中味を詳細に分析する必要があるのでは、という問題提起です。なぜなら、国民の皆さんの税金で買う物だからです。

とツイートを行っている。

※『Twitter』の埋め込み機能を使用して表示しています。
ツイートが見れない方はコチラ
https://getnews.jp/archives/2131821[リンク]

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder政治・経済・社会

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧