世界中の女性達へ 政治家の演説よりよっぽど説得力あるナイキの新CM『Dream Crazier』

access_time create folderエンタメ

ナイキが昨年公開した『Dream Crazy』というCMの続編とも言えそうな『Dream Crazier』というCMが公開され、数日で再生回数が600万回を超すなど話題となっています。

Nike Just Did It! 物議を醸した新しい広告でナイキへの不買運動が起きるもオンラインの売上と株価は上昇
https://getnews.jp/archives/2076897[リンク]

Nike – Dream Crazier (YouTube)
https://youtu.be/whpJ19RJ4JY

セリーナ・ウィリアムズがナレーションを担当したこのCMは、これまでに女性アスリートに対して投げかけられてきた偏見をとつとつと語っていきます。日本にも女性活躍担当大臣なるポジションがあるようですが、政治家の言葉よりよっぽど説得力のあるCMではないでしょうか。

「女性が感情を出すと、大げさだ」
「女性が男性相手に試合がしたいと言うと、マトモじゃない」
「女性が男女間の機会均等を叫ぶと、妄想だ」
「女性が何かを支持すると、気が動転している」
「女性がスゴイ結果を出すと、何かがおかしい」

「女性が怒ると、ヒステリーだ」
「女性がマラソン走るなんてクレイジーだ」
「女性がボクシングするのもクレイジーだ」
「女性がダンクシュートするなんてクレイジーだ」
「NBAの女性コーチなんてクレイジーだ」

「ヒジャブで競技に参加する女性も、競技を変更する女性も、ダブルコーク1080を成功させる女性も、グランドスラムを23回優勝する女性も、出産してから競技に復帰する女性も、クレイジー、クレイジー、クレイジー、クレイジー、クレイジーだ」

「あなたのことをクレイジー呼ばわりしたいならすればいい。クレイジーな女性達が何ができるかを見せつけてやればいい」

「クレイジーなのはあなたがやるまで。さぁ、やりましょう」

東京オリンピックでクレイジーな日本の女性アスリート達が何をしてくれるか、今から楽しみです。セリーナが言うように、やっちゃってください。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=whpJ19RJ4JY

※ソース:
https://news.nike.com/featured_video/dream-crazier

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧