ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白チョコ派へのバレンタインにも最適。ミルク感濃いめに香ばしさを追加した『ガーナトリュフ<白プラリネ>』!

 

日本を代表するロングセラーブランド「ガーナチョコレート」。それまでチューインガムの会社だったロッテが初めて発売したチョコ製品が「ガーナ(ミルク)チョコレート」で、1964年のことだから55年間も食べ続けられてきている事になる。そんな名ブランドの冬季限定スピンオフが『ガーナトリュフ<白プラリネ>』だ。

 

コロッとしたボール状、中には焙煎ナッツを煮詰めたプラリネ入りで、それも白!

ボックスをオープンすると中に現れるオフホワイトの粉糖付きコロコロボール。ホワイトチョコの定番「ガーナホワイト」でコーティングがされたそれは、中にヘーゼルナッツを使用したプラリネ入りホワイトチョコが仕込まれている。何とも贅沢な2層構造。

ロッテ『ガーナトリュフ<白プラリネ>』(46g・想定小売価格税抜約200円・2019年1月15日冬季限定発売)は冬季限定で味わえる「ガーナトリュフ」のホワイトなバージョン。食べやすい一口サイズで、シェアして食べるのにも最適なボックスに入っている。

味わいは、全体が地球だとしたら大気圏に当たるのがおなじみの「ガーナホワイト」層。そしてマントルなどのある中身がヘーゼルナッツの香ばしさを感じるオフオフホワイトなプラリネチョコレートという構造。

食べると二つのミルキーなホワイトチョコレートの味わいが重厚なハーモニーを奏でる。これはとても美味しい。チョコレートなら白い方が好きという人にとってはかなりの上位にランキングするはずの美味しさ。ミルクのコクと柔らかな口当たりが幸せ感を満点にしてくれる。

バレンタインチョコとしてもいいが、ホワイトチョコファンなら、自分へのご褒美用途の方が優先になるかも。入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

関連記事リンク(外部サイト)

カカオマス産地のガーナの子供達も支援できる、意識の高い大人のためのチョコ『カレ・ド・ショコラ<リッチクリーミーミルク>』!
内容量倍増でパウチタイプに進化したシュガーレス『龍角散ののどすっきりタブレット ハニーレモン味』!
腸にもいいし、”サビない”体づくりにも役立つヘルシー度爆発の『乳酸菌ショコラアーモンド カカオ70』!
サラサラこしあんベースが美味しい手のひらサイズのインスタント『カップ しるこ』、お餅がフワフワ〜!
老若男女に好まれる美味しい揚げせんがまさかの凶暴化!『ぷち歌舞伎揚激辛とうがらし味』はなめたらいかん

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy