激ウマなペヤングが作れる『焼きペヤングメーカー』でペヤング以外の焼きそばを作ってみたらやっぱり激ウマだった件 インスタント焼きそばの概念を変えるグルメガジェット

access_time create folderグルメ 生活・趣味

UFO 油そば

再び登場のUFO、今度は『油そば』テイスト。よくよく考えたら焼きそばでは無いです。油そばなので焼く必要は無いんじゃないか、という気もしますが『焼きペヤングメーカー』で焼いてみたらどうなるのかの興味が勝ってしまいました。

作り方はこれまでと同様。水は多めにしてゆでた後、焼き付けていきます。タレをかけるとしょう油や香味油があたり一面に広がりソースとは違った香ばしさが広がります。

<感想>
麺のもちもち感は相変わらず優秀。UFOの持ち味ですね。ただ、この油そばに関しては必ずしも焼く必要は無かったかも、という感想です。とはいえ、焦げ目なんかはかなり美味しいので油そば風の焼きそばという違ったメニューとして楽しむことが出来ました。味はかなり濃い目に仕上がったので、焼き付けるならタレ投入前にして、タレを入れたら早めに加熱は終わらせた方がよいです。

せっかくなのでペヤングもやろう(ただしソース味以外で)

ここまでペヤング以外の焼きそばを調理してみましたが、せっかくの『焼きペヤングメーカー』なのでペヤングもやってみましょう。今回はペヤングのソース以外を試してみたいと思います。

ペヤング たらこ

ペヤングと言えば多くの味のバリエーションでも有名ですが、今回入手できたのがたらこです。たらこ焼きそば、どんな風に仕上がるでしょうか。

作り方は今まで通りですが、変わってくるのはソースですね。真っ赤なソースを入れると、麺がみるみるうちにピンク色に染まってきました。海鮮特有の食欲をそそる香りが立ち上ります。

<感想>
やっぱり、お湯で作るよりも麺が引き締まり、食感のアクセントが強まります。
焼いたことで塩味は感じやすくなるのですが、食べ進めるとなんだか食べたことがある印象……そう、焼くことによって、ちょっともんじゃっぽい感じになるんですね。

余談ですが、たらこと言いつつこの製品、結構辛味があります。これ明太子じゃないの? というくらいの辛さがありました。辛いもの好きにはかなり喜ばれそう!
今回の調理で仕上げたペヤングたらこ、ビールにも合いそうです。

ペヤング スカルプD

異色のペヤング、スカルプDが登場。スカルプDブランドのもと、ひじきやさけエキス、わかめ、昆布、びわ葉エキスなど髪に良さそうなイメージの調味料や具材がブレンドされている模様です。

いつものように麺を熱湯でほぐしますが、かやくはわかめやひじきなど、いつもの焼きそばとは異なる具材レパートリー。加熱するほどに和食のお惣菜な風味があたり一面に立ち込め、塩味のタレを入れたところでお惣菜感はマックスに。

<感想>
塩味で海藻のダシが良く効いた焼きそば、麺の食感はペヤングでありながらかなり違ったテイストに仕上がりました。普通にゆでて食べるものよりもやはり生麺のやきそばっぽくなるので、歯ごたえの良い麺とわかめやひじきの食感の違いはより引き立ちます。ただ、塩味が強くなるので調理の際はソース投入後、過剰に炒めすぎないほうが良いですね。

色々試してきましたが、今回はココでタイムオーバーです。

まとめ 5分タイプは水分量多め、ソース投入後の加熱時間は要注意

やはり各製品とも特徴が大きく分かれますね。焼きペヤングメーカーで調理すると、その特徴が際立つように思います。

今回の調理法で一番ハマった! と感じたのは一平ちゃん。ソースの香ばしさが焼きペヤングメーカーで最も際立ったと感じました。

いずれの商品もソース投入後は味が濃くなりがちなので、今回に関してはUFOシリーズ、ペヤング スカルプDあたりはソースを入れた後の加熱時間に配慮したほうがいいでしょう。
特にUFOシリーズに関しては、通常の作り方でやや濃い目に感じるようにソースがチューニングされていますので、麺の加熱、焼き付けを済ませたらソースを絡めてすぐに終了すると良い感じの仕上がりになりそうです。

また、麺に関して言うとUFOシリーズのような「5分待つタイプ」の場合、3分タイプよりも煮詰める時間は長くしなければいけません。つまり長く煮詰める分、水分も(3分待つタイプよりも)多めにした方が、もちもちの仕上がりが期待できます。

今回、あえての『焼きペヤングメーカー』で『ペヤング ソース焼きそば』以外の製品を調理してみましたがいかがでしたでしょうか。
『焼きペヤングメーカー』は一般発売も予定されているようですので、手に入れた方は色々と試してみてください。

世界初!焼きペヤング専用ホットプレート
https://readyfor.jp/projects/peyoung [リンク]

前のページ 1 2
access_time create folderグルメ 生活・趣味

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧