ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Whirlpool、オーブンや洗濯機をWaer OSでも操作・確認できるように

米国の家電メーカーWhirlpoolは、同社のスマートホーム家電をWaer OSでも操作できるようにする計画を発表した。

対象となる家電はオーブンと洗濯機、乾燥機で、Waer OS搭載の手元の時計からそれらの作動状況を確認したり、コマンドを出したりすることができる。

・全スマートウォッチで利用可能に

WhirlpoolはすでにAppleとAndroid用のモバイルアプリをリリースしていて、今回Waer OSに対応することでほとんどのスマートウォッチを網羅することになる。

Waer OSアプリは年内にリリースされる予定で、このアプリをダウンロードしたウォッチでは、たとえばオーブンの温度などを確認できるようになる。

オーブンがオンになっていればウォッチからいくつかの操作もできるようになるとしているが、実際に何ができるのかはまだ明らかにされていない。

・乾燥終了までの時間をチェック

洗濯機に関しては、通常洗いなのかデリケートものの洗濯なのかオプションをウォッチで選べるとのこと。

また、乾燥機では乾燥サイクルが始まったかどうかを確認したり、終了まであと何分かかるかをチェックしたりできる。

ウォッチでの操作や確認はそれぞれの家電がオンになっている状態でのみできるということで、基本的には家電の近くにいながらの利用となりそうだ。

2階建て、3階建ての家だったり、あるいはマンションなどでも別の部屋にいながらしてそうした家電のステータスを確認したりするのに使える。今後機能がさらに増えてくれば、消費者にかなりアピールするものになりそうだ。

Whirlpool

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。