ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

使用状況をスマホで管理できるデジタル吸入器「ProAir」、FDAが承認

喘息など呼吸器系の疾患を持つ人にとって欠かせないのが吸入器だ。基本的には症状を感じたときに使うものだが、なかには正しい使用方法ができていない人もいるという。

このほど米国食品医薬品局(FDA)が承認した「ProAir Digihaler」はそうした誤った使用法を正したり、使用状況を管理したりすることができるスマートなデジタル吸入器だ。

・アプリにデータ送信

ProAir Digihalerにはセンサーが内蔵されていて、使用と吸気流量を自動で検出することができる。ProAir DigihalerはBluetoothでスマホと連携し、使用に関するデータをアプリ(iOS、Android)に自動送信する。

なので、ユーザーは使用頻度などをアプリで確認できるというわけだ。

・医師とデータ共有も

自分の管理に役立てるだけでなく、たとえばかかりつけ医とデータを共有することで、より良い治療や対処法などに繋げられるというのもこのシステムのポイント。

また、家族のメンバーが吸入器を使っている場合、アプリに5台までペアできるのも便利だ。たとえば、子供3人がそれぞれに吸入器を使用しても、誰がどのくらい使用したかが一元管理できる。

開発元のイスラエルメーカーTeva社はまずは2019年に体験プログラムを実施する予定で、順調にいけば2020年に発売する計画だ。

ProAir Digihaler

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき