ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[冬キャベツのレシピ]スープで煮込むダブルロールキャベツ

[冬キャベツのレシピ]スープで煮込むダブルロールキャベツ

これからが旬の冬キャベツは、葉が何枚も重なって、重量感があるのが特徴です。今回は、煮込むことでさらに甘みが出る、冬キャベツのレシピを紹介します。

甘みたっぷりダブルロールキャベツ

鶏ひき肉やカニ缶など旨味の出る食材を使いながら、キャベツの葉で、具を二重に包んだボリュームある一品。旨味が溶け出したスープといっしょに味わってください。

冬キャベツ・春キャベツの栄養の違いはコチラ

ダブルロールキャベツのレシピ

材料(4人分)

キャベツの葉:大4枚・小4枚

ネギ:1/2本

生椎茸:2枚

しらたき(下茹でしたもの):50g

鶏ひき肉:150g

カニ缶:50g

卵:1個

セリフィーユ(チャービル)※:お好みで

水溶き片栗粉:片栗粉大さじ1、水大さじ1

[A]

醤油:小さじ2

塩・こしょう:少々

[B]

固形コンソメ:1個

醤油:小さじ1

酒:大さじ2

セリ科のハーブの一種

作り方

キャベツの葉を茹で、芯の部分はそぎ切りにして、細かく刻んでおく。

作り方1:キャベツの葉を茹で、芯はそぎ切りにして細かく刻む

ネギ、生椎茸はみじん切り、しらたきは2~3cmに切る。

鶏ひき肉にAを加えて練り、2とほぐしたカニ缶(煮汁がある場合は汁ごと使用)、刻んだキャベツの芯、溶き卵を混ぜてさらに練る。

キャベツの小さい葉で3を包み、外側を大きい葉で包む。

作り方2:キャベツの小さい葉で具材を包み、外側を大きい葉で包む

鍋に4をすき間なく並べ、ひたひたの水(分量外)とBを入れ、弱火でやわらかくなるまで煮込み、仕上げに水溶き片栗粉でとろみをつける。

作り方3:鍋にロールキャベツをすき間なく並べ、水とコンソメ、醤油、酒で煮る

お好みでセルフィーユを添えて完成。

最後に

肉厚で、加熱すると甘みが増す冬キャベツ。いろいろな煮込み料理で味わってみてください。

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

[キャベツ]栄養を逃さない料理のコツと保存法

ビタミンCやビタミンK、葉酸などを多く含む、アブラナ科の野菜。原産はヨーロッパで、日本で広く食べられるようになったのは明治時代からです。

最終更新:2018.11.14

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:
『新・野菜の便利帳 おいしい編』板木利隆監修(高橋書店)
『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農協新聞社)
出典:
ホクレン「GReen」内レシピ(ダブルロールキャベツ)

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy