ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

裸芸人・ウエスPの“危険なテーブルクロス引き”にフランス人も大興奮! 仏版『ゴット・タレント』で決勝進出の快挙

スーザン・ボイルを輩出したイギリスの人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』に文字通り裸一貫で乗り込み、日本人初セミファイナリストの偉業を成し遂げたお笑い芸人・ウエスP。そんな彼が、今度はフランス版の『ゴット・タレント』に出演し、またもや世界を沸かせました。

「Uekusa」と紹介されたウエスPは、「日本の伝統的な文化を進化させたものを披露したいと思います」とパフォーマンスを説明し、愛敬ある笑顔で冒頭から審査員のハートをキャッチ。

パフォーマンスが始まると着ていたタキシードを脱ぎ、ハーフスパッツとトリコロールカラーの蝶ネクタイ姿になるウエスP。まずは小手調べと、パンストをかぶった顔にコップを乗せ、コップの中身をこぼさずにサッとパンストを引き抜いてみせます。ウエスPのドヤ顔に会場は拍手喝采の大爆笑。

いよいよハーフスパッツも脱ぎ捨て、裸芸人の真骨頂ともいえる“危険なテーブルクロス引き”にチャレンジ。審査員はこれから起こることを想像してキャッキャキャッキャと大喜び。会場の視線がウエスPの股間に集中するなか、見事にパフォーマンスを成功させると、観客は総立ちのスタンディングオベーションで称賛を送ります。

フランスの地で、まさかの「バンザイ」三唱! あれ、なんだろう、サムライが世界で戦う姿にちょっと泣きそう。ウエスP、最高に誇らしいぞ!

気になるオーディション結果はというと、なんと今後の審査をすっ飛ばして無条件でファイナル進出が確定するゴールデン・ブザーが押される快挙。世界のウエスPの快進撃から目が離せない! 優勝賞金1000万円をかけたファイナルは12月に開催される予定です。

Uekusa | GOLDEN BUZZER | Auditions | France’s got talent 2018(YouTube)
https://youtu.be/9uIQ_4wXC4g

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。