ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウォーカーが蔓延る世界を“頭脳”か“身体”で攻略 アトラクション『ウォーキング・デッド・ザ・リアル』限定オープン[ホラー通信]

新宿・歌舞伎町の本格スパイ体験アトラクション『inSPYre(インスパイヤ)』にて、人気ドラマ『ウォーキング・デッド』の世界を体験できる『ウォーキング・デッド・ザ・リアル』が2日間限定でオープン。

今回のアトラクションは、10月8日からスタートしている最新シーズン9のFOXチャンネル日本最速放送を記念して実施されるもの。参加者は案内人に従って10名で1チームを組み、15分以内のミッション遂行を目指します。

コースは二種類。難易度の高い“潜入コース”は、仲間の救出を目的とした、謎解きを含む頭脳系コース。難易度が少し抑えめな“脱出コース”は、物資の調達と脱出を目的とした身体系コースです。どちらにも、ウォーカー(ゾンビ)を銃で迎え撃つガンシューティングと、ウォーカーに気付かれぬよう音を立てずに任務を遂行するサイレントゲームが含まれています。

頭を使うのも体を使うのもお腹が空くもの。腹ペコさんは会場内のカフェでホラーフードをご堪能ください。“誰か”の指入りのフライドポテトや、ゼリーに浮かんだ脳みそレアチーズケーキ。そして、グラスの中の目玉と目が合うドリンクは、アルコールorノンアルコールをセレクトできます。いずれもホラーお菓子で人気の“中西怪奇菓子工房。”のお菓子を使用していますので、お味の方も間違いないでしょう。

アトラクションは2日間限定ですが、こちらのカフェメニューは10月5日から10月31日まで堪能できるようですよ。

アトラクション概要

『ウォーキング・デッド・ザ・リアル』

<ストーリー>

救世主との全面対決の最中(さなか)。アレクサンドリアもヒルトップも王国も、これまでのニーガンへの供給で物資が不足していました。必要な物資を調達に向かった仲間がなかなか戻ってきません。あなたも物資調達に向かうことになり、聖域近くの街に到着しました。

あなたのチームリーダーから渡された地図には武器や食料の位置が示されていますが、銃を手にしたニーガンの手下やウォーカーが徘徊しています。あなたは無事に仲間を救出し、物資を入手し、無事に街を脱出することは出来るでしょうか!?

【日時】
10月28日(日) 10:00~12:00
10月31日(水) 18:00~22:00
【所要時間】約20分(1回につき)
【会場】ヒューマックスパビリオン新宿歌舞伎町6F inSPYre
【WEB】http://inspyre.jp/4983
【料金】無料
【注意事項】
※小学生は中学生以上の保護者の同伴が必要。
※別のお客様とチームを組む場合あり。
※動きやすい服装・靴でお越しください。
※下記項目に該当する方は、安全上の理由により参加不可。
・小学生未満のお子様
・泥酔されている方、気分のすぐれない方
・妊娠中の方
・てんかんや心臓疾患、骨折など身体に疾患のある方

スペシャルカフェメニュー

販売期間:2018年10月5日(金)~10月31日(水)

<メニュー>
1. 指入りフライドポテト…500円
ポテトに指が1本混入されている、、、これは誰の指!?

2. とどめレアチーズケーキ(グレープゼリーを添えて)…800円
ナイフで脳幹を破壊して、とどめを刺せ!!

3. 目玉入りカクテル・ジュース
カクテル…800円/ジュース…500円
新鮮な眼球を使用!ドリンクと目が合う新感覚…!

放送情報

『ウォーキング・デッド』シーズン9
FOXチャンネルにて10月8日(月)日本最速放送スタート、毎週月曜午後10時~ほか 放送
★FOXチャンネルはスカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、IPTV、Hulu、U-NEXTなどで視聴可能。
番組公式サイト:https://tv.foxjapan.com/fox/program/index/prgm_id/21487

すべての画像が表示されない方はホラー通信の記事をご覧ください

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy