ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和月伸宏先生の『るろうに剣心』続編・北海道編コミックス第1巻好評発売中!

ruroken

昨年2017年の11月、『るろうに剣心』の作者・和月伸宏先生が女児動画所持容疑で書類送検されたというニュースが報じられ、ネット上は騒然となった。

参考記事:『るろうに剣心』の作者が動画所持容疑で書類送検 ネット騒然で大喜利大会も
https://getnews.jp/archives/1974991[リンク]

和月先生は「ジャンプSQ.」で『るろうに剣心』の続編にあたる北海道編を連載していたが休載となる。その後、同誌の2018年7月号から連載再開、

御迷惑、御心配をお掛けしてしまい大変申し訳ありませんでした。誠心誠意頑張ります。(和月)

と巻末でコメントしていた。

紆余曲折あったものの、その北海道編のコミックス第1巻は9月4日に無事発売となる。

伝説の人斬り・抜刀斎こと緋村剣心――明治十六年の東京で、時に倭杖を手に困窮している人のため剣を振るうも、妻・薫、息子・剣路と平穏に日々を過ごしていた。ある時、一枚の写真から、薫の亡父・越路郎が北海道で生きていることが判明。剣心達は北海道に向かうが…!? “不殺”の流浪人の新たな浪漫譚、開幕……!!

『Amazon』では、9月20日現在34件のカスタマーレビューが寄せられ、5つ星のうち4.6とかなりの高評価である。

ちなみに、トップカスタマーレビューは

和月先生が「じどうに関心」を持ちすぎて警察沙汰になったことで、せっかく連載開始していた「るろうに剣心 北海道編」はもう途中でやめざるを得ないのでは? と心配していたが、まずは単行本がちゃんと実現したことだけでも、素晴らしすぎる。
さらに、(ネタバレしない程度にしますが)ストーリーは、序盤の新メンバーの物語に、わりとすぐに無理なく剣心たちが入ってきて、最後は北海道に旅立つまでが、きれいに1つの単行本の中に収められていて、思った以上にまとまっていた。
絵柄がまた少し変わったのも許容範囲。この先の展開への不安要素もちゃんと入っていて、さすがとしか言いようがない。

というもの……。
いずれにせよ、全28巻でキレイに完結した作品であるので、続編が蛇足になるのではないかと不安な方も多かったようだが、今のところ概ね好評のようである。チェックしてみてはいかがだろうか。

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版
https://www.amazon.co.jp/[リンク]

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy