ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オートバイも自動で走る時代!BMWが披露した大型バイクの自律走行動画に話題集中

車だけではなく、オートバイも自律走行する時代が来たようだ。

ドイツの老舗自動車メーカーBMWの二輪部門BMW Motorradでは、自社の大型バイクに、自己運転技術を実験的に搭載。スタートから加速、ターンなどのバイクに必要な動作を、すべて自動でこなせるようにした。

・自律機能介入によって事故を防止

過去2年にわたり、自己駆動式オートバイを研究してきた同社。市場販売というよりも、安全システムを開発することを視野に入れ、開発を続けている。

運転席がガードされている自動車と違って、オートバイは操作する人間が無防備になりがちだ。ちょっとした不注意から、大きな事故につながるケースも少なくない。ライダーの集中力が途切れたとき、自律機能を介入させることで、惨事を防ごうというのがこの研究の主な目的だ。

同社が今回、自律型パイクとして選んだのは、トラベルエンデューロのアイコン的存在R1200GS。その走行風景は、技術者のコメントとともに、YouTubeで公開されている。

・危険な状況を事前にキャッチ

プロジェクトのメンバーで安全技術者のステファン・ハンス氏は、次のように語っている。「このプロトタイプでは、ライダーの行動分析と、危険な状況を即座に判断できるよう、車両ダイナミクスの知識拡大に注力した。(研究が成功すれば)ライダーに事前に注意喚起を促し、事故を未然に防げるようになるだろう」。

車以上に、運転する側の技術力が求められるオートバイ。自律走行が実現すれば、今よりもっと多くの人が、乗れるようになるかもしれない。

BMW Motorrad

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy