ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“47都道府県ポテトチップス”から人気の5テイストが全国発売


変わらぬおいしさを提供しつづけているカルビーの「ポテトチップス」。2017年度に発売された“47都道府県”の味から選りすぐった人気商品が、4月30日(月)から全国にて発売中!

今回登場したのは、北海道・青森・愛知・山口・佐賀の特徴をポテトチップスで表現した商品。他の県の味も食べたいとのご要望に応えて、全国にて発売されている。


北海道の味を再現した「ポテトチップス 山わさび味」は、山わさびのツンとした香りと辛みがクセになりそうなポテトチップス。北海道産の山わさびパウダーを100%使用していて、今までよりさらに辛みと香りが高まっている。


青森の「ポテトチップス 青森にんにく味」は、田子町のにんにくパウダーを100%使用。甘さを感じるトップブランドのにんにくを使ったポテトチップスは、にんにく味噌の甘辛さを楽しめる。


愛知からは、からっと揚げて甘辛いタレと胡椒をきかせた手羽先の香ばしさが味わえる「ポテトチップス てばさき味」が登場。


甘辛いタレをつけて炭火でこんがり焼いた山賊焼をポテチとして楽しめる「ポテトチップス 山賊焼味」は、山口県民に親しまれている店「いろり山賊」の名物料理をアレンジ。


海苔の生産量日本一の佐賀の特産品・佐賀のりを使った「ポテトチップス 佐賀のり味」は、焼き海苔の香りと味をシンプルに味わえる。パッケージ背面にあしらった焼のりのイメージは、高級感ある佐賀のりをダイレクトに伝えてくれる。

道県の郷土料理や特産品をいままでより身近に感じられそうな「ポテトチップス」、そのおいしさをぜひ試してみて!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy