ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「畳の日」に京都の“畳寺”で畳まつり、1日限定“畳寺スイーツ”も登場

1380_3
「畳の日」は年2回、4月29日と9月24日に全国畳産業振興会(会員数約1,500名)が設定している。この春の畳の日に合わせ、“畳寺”で知られる京都市上京区の清浄華院で「畳寺の畳まつり」が開催される。

1380_4
清浄華院は、平安時代に円仁が創建し、畳とほぼ同じ約千年の歴史を誇る浄土宗の大本山。京都御所の東隣に位置する境内に約200畳の大殿があって、関係者から“畳寺”の愛称で親しまれている。

1380_2
当日まず、日本で唯一という畳の風物詩行事「畳供養」が行われる。清浄華院の僧侶が全国の畳職人が古ゴザに願いを込めた“畳の護摩ゴザ”を古畳で作った「畳の菰(こも)」に入れ、奇岩青樹の供養を行う。終了後、先着100名に畳縁で作った「畳のお守り」が授与される。
また、この日限定の畳寺の限定御朱印が授与される(朱印料300円)ほか、今年の干支「戌」の印も同時に押印する。京菓子處 鼓月製「畳寺スイーツ」も来場者に先着プレゼント(なくなり次第終了)

1382_41381_3
さらに、若手イケメン畳職人による約400年の歴史を誇る畳づくり製作が披露され、匠の技が間近で見学できるのに加え、畳を使ったユニークな楽器で演奏する「畳ライブ」、畳の滑り台や畳のスケートボードなどのインスタ映えする畳グッズも一挙展示される。
入場無料。限定ご朱印の押印、抹茶振舞いは有料。
全国畳産業振興会http://www.tatami.in/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

元重量挙げ世界一グラドル!伏美亜里紗の「バーベル“美”より」#3 ~重量の伸ばし方~
魅惑のFカップ!烏丸あやのの「開運!神社探訪」#11 ~蛭子神社(香川県)~
【元NO.1ホステス香織社長の恋愛CLUB】気になる男性に彼女の影が・・・!

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy