ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“目玉”3つで多角撮影! 4Kカメラ「EYEBALL Cam」は防犯にも使える

なんともユニークなデザインで、新発想のカメラ「EYEBALL Cam」がクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。

その名の通り、目玉デザインのこのカメラ、3つがセットになっている。それぞれを違うポイントに設置してマルチな視点で撮影したり、各部屋に置いて防犯カメラとして活用したりすることができる。

・連続12時間撮影

4KウルトラHDのこのカメラの画角は130度。ワイド撮影が可能だが、たとえばパーティーなどのイベントを複数の視点でとらえたい、というときに3つ活用することで可能になる。

撮影データはEYEBALL内のマイクロSDカードとクラウドに保存できる。それぞれ3000mAhのバッテリーを内蔵し、連続12時間撮影が可能だ。

・不審な音や動きでアラート

また、このカメラは動きや笑い声、不審な音を拾うと自動で撮影が始まる機能も搭載している。スポーツの試合をテレビ観戦していて、「よしっ!」と歓声をあげて盛り上がったシーンを逃さずキャッチしたり、不審者が部屋に侵入したときにすぐさま自動で録画が始まったり。ちなみに、不審者の侵入時は、ユーザーのスマホにアラートが送られる。

EYEBALLはコンパクトで、専用のケースに入れると持ち運びも簡単。しかもこのケース、10000 mAhのバッテリーを搭載していて、ここに置くだけでカメラを自動充電する。

英国ロンドンのスタートアップが開発したEYEBALLは現在、Indiegogoでの出資額は199ドル(約2万1000円)〜。出資は3月25日まで受け付け、今年10月にも発送が始まる見込みだ。

EYEBALL/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy