ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お花見やアウトドア、ギフトにも! デンマーク発、本格派パウチ式コーヒー

お花見やアウトドアにも! デンマーク発、本格派パウチ式コーヒー
(C)sweetsholic

本格派コーヒーが楽しめるパウチ式コーヒー

お花見やアウトドアにも! デンマーク発、本格派パウチ式コーヒー
(C)ユニバーサルトレーディング

プラスチック製パウチに、挽きたてのコーヒー豆が入った「グロワーズカップ」。ドリップコーヒーとフレンチプレスの優れた点を併せ持つ、とてもユニークなアイテムです。平たいパウチに熱湯を注ぐだけで、本格的なコーヒーが楽しめるんです! 

コーヒー豆のこだわり

お花見やアウトドアにも! デンマーク発、本格派パウチ式コーヒー
(C)sweetsholic

商品名が「グロワーズカップ=生産者からの一杯」というぐらい、コーヒーのクオリティを重視。ブラジル、ホンジュラス、コロンビア、コスタリカなど、それぞれの国の単一農園で栽培されているコーヒーを使用、職人の手による焙煎を経て、産地の特徴を生かした味わいが楽しめます。また、発展途上国の生産者をサポートする「フェアトレードコーヒー」も多数扱っています。

例えば有機コーヒー豆をミディアムローストした「ホンジュラス」。朝の目覚めが心地よくなる、さっぱりしたフルーティーな味わいが特徴です。

パウチは再利用できる!

お花見やアウトドアにも! デンマーク発、本格派パウチ式コーヒー
(C)sweetsholic

使用後のパウチを洗うことで、なんと再利用できちゃいます。中身を捨ててから洗ってからよく乾かせば、再びコーヒーを淹れることが可能。とってもエコなアイディアだと思いませんか? 

スタイリッシュなパッケージ

お花見やアウトドアにも! デンマーク発、本格派パウチ式コーヒー
(C)sweetsholic

コーヒー生産者のイラストが描かれたオシャレなパッケージも、グロワーズカップの特徴のひとつ。さまざまなデザイン賞、パッケージの賞、コーヒーテイストの賞を受賞しているのにも納得です。

筆者がグロワーズカップを見つけたのはアムステルダムの空港だったのですが、調べてみたところ、日本でも取り扱いがありました。日本の販売代理店はEPIgasなどのアウトドア用品を扱うユニバーサルトレーディング社で、同社のウェブサイトやアマゾンなどの通販サイトおよびICI石井スポーツ、ヴィクトリア LBreath、カルディコーヒー(一部の店舗)などで入手可能です。

グロワーズカップはコーヒーのほかにも、紅茶やハーブティーのラインナップがあるので、そちらもあわせて楽しみたいですね。女子会やコーヒー好きな人への手土産にも喜ばれますよ!

[取材協力:グロワーズカップ]
[ifworlddesignguide.com]
お花見やアウトドア、ギフトにも! デンマーク発、本格派パウチ式コーヒー

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。