ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TOEIC受験は「スポーツ」である!? 対策本編集者が語る試験との向き合い方

TOEIC受験は「スポーツ」である!? 対策本編集者が語る試験との向き合い方

TOEICの受験者なら誰もが知っているであろう、真っ黒な背景に浮かぶ赤字で印字されたタイトルの英単語集「英単語スピードマスター」。

2018年1月に待望の改訂版となる『TOEIC(R) L&R TEST 英単語スピードマスター』(Jリサーチ出版刊)が出版されたのだが、実はこの単語集、2004年に初版が発売されて以来、着実に売れ続け、現在は実売85万部突破という異例のベストセラーとなっている。

著者の成重寿さんはTOEIC公開テストをほぼ毎回受験しており、990点満点を取ったことのある猛者なのだが、実はこの人、出版元であるJリサーチ出版の編集者でもあるのだ。

今回はそんな成重さんにインタビュー。後編では、TOEICとはどんなテストなのか? そしてTOEIC対策のイロハ、勉強に使えるアプリなどを中心にお話を伺った。

(新刊JP編集部)

■TOEIC、試験中は振り向かない。過去に捉われたら負けだ。

――成重さんは海外勤務もご経験されているそうですね。

成重:はい、フィリピンのマニラに3年弱いました。フィリピンでは日常会話もビジネスも英語でしたね。

――実際、TOEICの勉強はビジネスの現場でも役に立つと思いますか?

成重:もちろん、役に立ちます。TOEICはリーディングとリスニングの力を問われますが、これが英語を使うためのベースになる部分なんですよね。確かに実際にコミュニケーションを取るには話したり、書いたりすることが必要になるので、そこはご自身での訓練が必要ですが、リーディングとリスニングがベースにあったほうが会話やライティングの上達は速いです。

なので、ビジネスの現場で英語を使う人は、そこそこのスコアを出せば、あとはライティングやスピーキングの勉強を重点的にやるといいと思います。

――また、成重さんは990点という満点を取ったこともあるそうですが、実際に試験を受ける際に気を付けるべきこと、アドバイスはありますか?

成重:リスニングセクションについては、後ろを振り返らないということですね。できなくても悔しがったり、後悔しないことです。前の問題のことを考えていると、今現在の問題を聞き損じることがあります。試験の音声はどんどん流れていきますから、前を向いて次々に処理していく姿勢が大切です。

――最初につまずいたら、その後ガタガタになってしまいそうです。

成重:試験の全体にわたって気持ちの切り替えが必要ですね。スポーツと似ているところがあるかもしれません。また、リーディングセクションは文章量が多いので、中級レベルくらいだと全問解けないまま終わることは普通です。だから、自分自身の時間配分をあらかじめ決めておいて、それを守りながら進めることが大事ですね。より多く解答するためには、わからない問題は適当にマークして次に進むいさぎよさも必要です。戦略と判断力、そのあたりはスポーツと同じですね。

――なるほど、TOEICの受験はスポーツであると…。細かい対策というのはありますか。

成重:各パート別に傾向と解き方があるので、それは対策を打っておくべきでしょう。

例えばパート2(リスニング)であれば、質問に対して三択から答えを選びます。そのときに英語では最初に重要な単語がくることを知っていれば、集中して頭の単語を聞き取ることでそれに対応した正しい応答が選べます。

例をあげると、「あなたは今、何をしていますか?」という意味の英文があるとすると、日本語では「何」は途中にきますが、英語ではWhatが冒頭にくるわけですね。だから、その冒頭をしっかり聞かないと、正しい応答を選べないわけです。

――勉強法でうかがいたいのですが、『TOEIC(R) L&R TEST 英単語スピードマスター』は「mikan」という英単語学習アプリとコラボされるそうですね。

成重:そうですね。「mikan」は単語の問題を次々と解いていく、とても手軽に勉強ができるアプリです。実は以前から別の本で「mikan」さんとはコラボレーションしています。今回、この本の改訂版でも一緒にやろうということになって、対応アプリを同時発売ということになりました。この本は単語集、一方「mikan」は単語の問題アプリなので、互いに補完し合って相乗効果の出る学習が可能です。

――実際にやってみると10問ひとくくりで出題されて、4、5問くらいでそんなに正解数が多くなくても「よっ俊才」「よっ賢才」などと褒めてくれるので、つい使いたくなるアプリです。

成重:(笑)そうですね。TOEICの単語については、10問中7問取れれば十分くらいですし、正解率が低くても落ち込まずに覚えることに専念してくださいね。

――では、これからTOEICを受験してハイスコアを目指そうと思っている人たちにメッセージをお願いします。

成重:大事なことは準備ですね。400点を500点にあげるには、250~300時間かかるといわれています。また、500点から600点、600点から700点も同じくらいの時間がかかります。

それだけ時間が必要ですから、最低でも半年くらいのタームで準備をしていくといいでしょう。計画を立てて一歩一歩前に進んでください。

――勉強をする習慣を身に付けることが大切ですね。

成重:まさしくそうです。ただ、面白くないと勉強って続かないので、楽しめる要素を作る。TOEICの勉強の場合、自分の英語力が上がっていると感じられれば面白くなるはずです。その点において、大切なことはベースとなる単語を覚える。そして、問題集で「あっ、知ってる」となれば進歩が分かるじゃないですか。そうやって好循環をつくっていってほしいですね。

(了)

【関連記事】

元記事はこちら

「定年後は悠々自適」は本当に理想? 今から考えるべき老後観

パイオニアに聞く 日本のインバウンドビジネスの現状と課題(1)

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。