ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【炎上】ハリウッド版「デスノート」があまりにもアホすぎて視聴者ブチギレ激怒! ライトとLがバカ! 登場人物が全員無能(笑)

netflix-death-note7

北米版のドラマ映画「デスノート」が、視聴者の間で物議を醸し、炎上状態となっている。あまりにも原作とかけ離れた設定だけでなく、主人公のライトやLが「あまりにも頭が悪すぎるから」である。

・原作からあまりにもかけ離れた展開
登場人物がみんな無能すぎて、頭脳戦のシーンもキレがなく、ご都合主義のシナリオ展開。しまいにはリュークが念力で破壊行為をしたり、原作からあまりにもかけ離れた展開に視聴者が失笑。たとえば、良くも悪くも以下のような点が大きく日本版と違う。

・北米版映画デスノートが凄い8つのポイント
1. ライトがデスノートの秘密をすぐ友達に話す
2. ライトが大勢がいるなかデスノートの秘密を大声で話しながら歩く
3. デスノートの恐怖よりホラーやグロテスク展開で怖がらせる
4. ライトがデスノートを堂々と人前で読んでる
5. Lがすぐブチギレ激怒する
6. Lが銃でブッコロして解決しようとする
7. Lが一般人を轢き殺しそうなカーチェイスをする
8. リュークが念力で物や建物をぶっ壊す

・インターネット上の視聴者の声
「えーデスノート事前にレビューくらい見ればよかった…なんだこれ」
「ネトフリのデスノートがひどい。世界中でクソミソにけなされるんだろうな」
「こればっかりは邦画の藤原竜也のデスノートの方が良いんじゃないかってレベル」
「Lとライトのキャラ崩壊と頭脳戦が全然なくて全くデスノートしてねぇ」
「アメリカ版デスノート、途中の展開がギャグ過ぎて笑う」
「海外版デスノートみたけど控えめに言ってもクソだよ」
「グロ描写は頑張ってましたね。 ファイナルデッドシリーズ風味でした」
「ネトフリ版デスノート。想像以上にダメだったなあ」
「NETFLIX版デスノート、皆頭悪くて笑った」
「ネットフリックスのデスノート見てるけどひでーな」

ハリウッド版のデスノートを観終えたけど、登場人物が全員無能で控えめに言ってくそつまらなかったのが残念すぎる。

— 伸縮亭すぱつ。 (@spats001) 2017年8月25日

Netflix版のデスノートそこまで面白くなかった、、

— sawano (@tye610drums) 2017年8月25日

Netflixのデスノート
原作の月とLの高度な知能戦みたいなのを期待してる人は諦めた方がいい

— えーのむ🐕 (@irontakku) 2017年8月25日

・笑いながら観ることも可能
ただし、登場人物たちの無能っぷりを楽しめることできれば、笑いながら観ることも可能かもしれない。このハリウッド版を観れば、どれだけ原作の漫画が素晴らしい作品だったか再確認できるはずだ。

ちなみに、字幕版と吹き替え版を選ぶことができ、なんと、吹き替えは中村獅童である。その点だけは、日本版のファンには嬉しいかもしれない。また「HEROES / ヒーローズ」のマシオカもゲスト出演している。

もっと詳しく読む: ハリウッド版「デスノート」があまりにもアホすぎて失笑! ライトとLがバカすぎて視聴者ブチギレ激怒(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/08/26/death-note-hollywood-movie/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy