体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FES☆TIVE快進撃!2daysワンマンライブレポ&ワンマンを終えてメンバーインタビュー!

2017年5月17日・18日、渋谷TSUTAYA O-EASTにてお祭り系アイドルユニット「FES☆TIVE」の2daysワンマンライブが行われた。本ライブで、グループ4周年を迎えたFES☆TIVE。そのライブパフォーマンスはまさに”圧巻”であった。

今回は、そんな2daysワンマンを終えたメンバー本人たちに、ワンマンの感想と5年目に向けての意気込みに関するインタビューを行った。2daysワンマンに関するライブレポートと共にお届けしたい。

初日数日前よりSNSを通して綿密なリハーサルの様子が垣間見られていたが、果たしてこの2daysワンマンを彼女達はどのように魅せてくれるのだろうか。大きな期待を胸に、O-EASTの階段を昇っていくと、そこには「お祭り系アイドル」ならではの提灯の装飾が施され、壁一面にメンバー達のパネルが貼られていた。これはFES☆TIVEファンにはたまらない!思わず推しメンのパネルの前で写真を撮ってしまいそうになる。

会場外の装飾に後ろ髪をひかれながらようやく会場入りすると、ステージ上の「祭」の文字やロゴの大きな横断幕に圧倒された。メンバーから伝わる熱は勿論のこと、FES☆TIVE運営・スタッフ陣からも伝わってくる熱気に、思わず息を飲んだ。開演前から会場の熱気は熱く、メンバーの登場とライブの始まりを待ちわびた。

FES☆TIVEの最新シングル曲『ディスコ列島浮世の夢』からスタートした初日の乱舞。大きな扇子を持って登場したメンバーに対して、ファンからの声援が飛び交った。1曲目の各メンバーの正確な位置取りから、会場の大きさに合わせて練習を重ねてきたことが強く伝わり、更にその表情からは本人たち自身の緊張感をも感じさせた。きっと、綿密な準備をしてきたからこその緊張感なのだろう。

【Day1〜乱舞〜セットリスト】
『ディスコ列島浮世の夢』
『夢花火』
『ホムラノシズク』
『真夏の余熱』
『恋紅葉』
『トラとウマ』
『祭だSun☆sun』
『天使と悪魔の片思いパレード』
『学祭エモーション』
『夏色とりどリボン』
『いろは音頭ついでかつお節』
『ドンドコ祭リズム-燃え上がれタイコちゃん-』
『進めジパング』
『マジカルパレード』
【アンコール】
『シダレヤナギ』

初日はなんと全14曲を、短いMCを1度挟んだのみで完走。自己紹介すらも行わず、『乱舞』というタイトルに納得させられた。
アンコールではライブ定番曲の『シダレヤナギ』を披露した。

1日目は、【FES☆TIVEらしい】ノンストップライブであった。ライブ厨にはたまらない満足度の高いライブだった。

そして翌日の最終日、
『FES☆TIVE4周年ワンマンライブ「ワッショイワンダーランド2Days」〜絢爛〜』。

初日のMCで告知があったように、この日は最終日であるのみならず、なんと新衣装披露や重大発表があるという。
【重大発表】と聞くとアイドルファンなら誰でも一瞬「え?誰か辞めるの?」的な嫌な予感を抱くが、初日の完璧なパフォーマンスを見た後ではそんなことは微塵も頭をよぎらなかった。ただ、どんなに良いお知らせが聞けるのかを楽しみに開演を待った。

スクリーンに30秒のカウントダウンが写り、FES☆TIVEメンバーがいじめられている亀を助けるとその亀が新メンバーの白石ぴあのと真野彩里愛に変身するという可愛いショートドラマが流された。映像の中で玉手箱を開くとメンバーが衣装に変身!演出重視と前々から銘打っていたことに頷きながら、いよいよ最終日のライブがスタートした。

1曲目『マジカルパレード』から告知していた新衣装で登場したメンバーが、いつも以上に可愛すぎて会場内には歓声が巻き起こった!

FES☆TIVEの衣装と言えば今までは原色の濃い色合いの物が多かったが、なんと今回の新衣装はパステルカラー。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。