ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北米ゲームショー! メインのゲーム開発者より通訳が大人気!

アメリカ・ロサンゼルスで開催された『エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ』(略してE3)。このイベントは毎年アメリカで開催されているもので、テレビゲームの最新情報や発表があるイベントとして、世界中からゲーム関係のマスコミ関係者が集まる。

日本からも精鋭のゲームクリエイターたちが渡米し、大勢のマスコミが集まるカンファレンスなどで自分が開発してきたゲームの解説をしたり披露している。そんなクリエイターたちは全員が英語を話せるわけではなく、ステージには通訳と一緒にあがることが多い。

人気リアルドライビングシミュレーター『グランツーリスモ』の生みの親として有名な山内一典氏もそのひとりで、通訳とともにステージにあがりゲームについて通訳を介して観客たちに解説した。しかし、普通ならば世界的に有名な山内氏が注目されるべきなのに対し、欧米ではなぜか通訳のおじさんに注目が集中。アイコラ(人物と人物、人物と背景などを画像加工したもの)まで作られるほどに、人気が出ているのだ!

それらのアイコラを見てみると、通訳のおじさんを特に尊敬しているわけではないようで、おもしろキャラクターとしてアイコラにしているようである(画像はこちら)。

このことを伝えた人気ブログ『はちま起稿』によると、「彼らはおっさんの何が気に入ったんだ?」と、なぜこの通訳のおじさんが欧米人の心を魅了したのか理由がわからないという。ゲームよりも、人気ゲームクリエイターよりも、ただ偶然クリエイターの通訳に抜擢されたおじさんが人気を博すとは、何が人気になるのかわからない世の中になった(このニュースの詳細記事はこちら)。

(c)2009 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.

■ほかにもゲームやエンタメのニュースがあります
ターミネーター5とターミネーター6の極秘情報を独占スクープ!
ゲーム会社ファルコム「お~い! ウチのゲーム音楽自由に使っていいぞ~♪」
48時間で作れ!名作ゲームを“無理やり”Flashに移植する『むりげー』発足
5年後にイチバン人気のあるゲーム機はどれ? 3000人アンケート結果発表
ジャレコ社長がブログで暴露!『黄金の絆』開発会社に「あのクソ開発会社め!」

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。