ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ここは法廷だゼ!】弁護人が意味不明のヒートアップ「なんて人だ、この人はッ!!」

霞ヶ関にある案内板です

強盗犯人を匿い、犯人蔵匿罪という比較的珍しい罪で逮捕・起訴されたA。犯人を匿ったというが、その強盗自体には関わっていなかったようだ。そんなわけで、裁判もさほど長引かずに終わるかと思いきや、そうはいかなかった。

このAの弁護人(けっこう年配の男性)が一筋縄ではいかない人物だった。まず、質問を時間通りに終わらせることができず、軽く1時間以上、終了時間をオーバーする事も。

ある日の審理では、

「あなた、社会や国の掟を破る事に、何らためらいを持ってない! 平気な感じがしますよ! 悪い事をヤメる!!! という風にキッパリ言えないなんて、そんなことでいいんですかっ!? 私はねぇ、弁護しづらいですよ!」

と、いきなり激高。弁護しづらい、だなんて、いま言うことだろうか……? ヒートアップした老人弁護人は収まりがつかないのか、続けてこう怒鳴る。

「こんなんじゃ、裁判所に非難、受けますよ! それでいいんですか!? 規範意識が鈍磨してるとか言われますよ! それでいいんですかっ! 全くねえぜ、私は、呆れ返ってモノが言えないって風になってる! なんて人だ! この人はっ!」

質問タイムに質問を行わず被告人に怒りをぶつける弁護人に、法廷も困惑ムードが漂い始めた。それまで、Aは弁護人を怒らせるようなことは特に言っていなかったし、挑発的な態度も取っていなかったので、困惑も倍増である。裁判長がたしなめた。

「弁護人っ! それは質問じゃなくて意見になってますからね! 質問して下さい!」

しかしこの弁護人は全く裁判官を無視! 見たところ、裁判長よりも弁護人のほうがかなり年上だ。この裁判長に対して、『若造に説教されてたまるか』という謎のプライドでも持っているが故の無視なのだろうか……とあれこれ想像を巡らせてしまうほど意味不明な行動だ。

裁判官を無視した弁護人はその後も「困っちゃうんですよね、もう少ししっかりしてくれないと〜」などなど、質問ではなく意見を述べまくり、最後にこう叫んだ。

「注意だけしておきますからね! アナタ、自分のモノの言い方、気をつけなさい!」

法廷が静まり返った。

気をつけなきゃいけないのはアンタだよ! と、法廷の誰もが思ったのではないだろうか……。

画像引用元:flickr from YAHOO
http://www.flickr.com/photos/sekido/3843380050/

高橋 ユキの記事一覧をみる

記者:

傍聴人。近著『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』(徳間書店)、『木嶋佳苗劇場』(宝島社)ほか古くは『霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社)など。好きな食べ物は氷。

ウェブサイト: http://tk84.cocolog-nifty.com/

TwitterID: tk84yuki

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy