Chrome OS 56でAndroidアプリの実行環境がAndroid 7.1 Nougatに刷新されるとの噂

access_time create folderデジタル・IT
来年 1 月にリリースされる予定の Chrome OS 56 の安定版で Android アプリを実行する環境が Android 7.1 Nougat ベースに刷新されると Crome Unboxed が伝えました。Chrome OS 53 で始まった Android アプリ(Google Play ストアも)のサポートですが、アプリを実行する環境としては Android 6.0.1 Marshmallow が採用され、現在までこのバージョンで提供されています。ベース環境はインストールしたり実行できるアプリの種類や利用できる API に影響してくるので、バージョンアップは運用していく上で重要です。Chrome OS が採用している Android 環境のベースバージョンは「Device」→「Google Play Store (Beta)」→「Manage your Android preferences」→「About Device」のセクションで確認することができます。Source : Chrome Unboxed

■関連記事
今後のAndroid版「Googleアプリ」では履歴の表示や検索結果の簡易表示も可能になる見込み
Googleマップのアクセシビリティ情報に「車椅子対応のエントランス」が追加、簡単に報告可能
「倉木麻衣」の直筆イラストLINEスタンプとLINE着せかえ2種類が配信開始

access_time create folderデジタル・IT
local_offer

juggly.cn

国内・海外のAndroid(アンドロイド)スマートフォン・タブレットに関するニュースや情報、AndroidアプリのレビューやWEBサービスの活用、Android端末の紹介などをお届けする個人運営ブログ

ウェブサイト: http://juggly.cn/

TwitterID: juggly

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧