ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全日本模型ホビーショー】戦闘&園丁の2バージョンがそろった『天空の城ラピュタ』のロボット兵

【全日本模型ホビーショー】戦闘&園丁の2バージョンがそろった『天空の城ラピュタ』のロボット兵

10月13日(木)から16日(日)まで、千葉・幕張メッセでプラモデル・ラジコン・鉄道模型・フィギュアなど模型関連製品の見本市『第51回 全日本模型ホビーショー』が開催されました。ファインモールドは、『天空の城ラピュタ』に登場するロボット兵のプラモデルを出展。4月に発売された『ロボット兵(戦闘バージョン)』に加えて、11月に発売予定の『ロボット兵(園丁バージョン)』が展示されていました。

ロボット兵(園丁バージョン)

『ロボット兵(園丁バージョン)』は、11月上旬発売予定で価格は3990円(税込み)。パズーとシータが“竜の巣”に飛び込んでたどりついた天空の城で、庭園を守る穏やかな姿が描かれたロボット兵を1/20スケールでプラモデル化。同スケールのシータのキツネリスのフィギュアが付属します。組み立てに塗装や接着は不要。

ロボット兵(戦闘バージョン)

『ロボット兵(戦闘バージョン)』も価格は3990円(税込み)。ラピュタを守るために配備された自立式ロボット兵を1/20スケールでプラモデル化。同スケールのパズーのフィギュアが付属します。こちらも組み立てに塗装や接着は不要。

ファインモールドのサイトでは、A4サイズで印刷するとプラモデルの原寸大の大きさにプリントアウトできるPDFを配布しています。サイズを確認してみたい方はチェックしてみてください。

キット原寸大のPDF画像(ファインモールド)
http://www.finemolds.co.jp/buta/FG4gensun.pdf

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。